Home 生活 巨大な既得権益: ビル・ゲイツ氏、米農務省による鶏肉製造認可を支持

巨大な既得権益: ビル・ゲイツ氏、米農務省による鶏肉製造認可を支持

by Jack World News

マイクロソフトの共同設立者であり、技術者でもあるビル・ゲイツ氏は、米国農務省(USDA)が一般消費者向けに実験室育ちの鶏肉を認可したことを支持しました。
一般に「培養鶏」と呼ばれるこの製品は、鋼鉄製のバイオリアクター内で培養された鶏の細胞から抽出されたものである。タンクの中で、細胞は成長を促進するビタミン、ミネラル、その他の添加物と組み合わされる。その後、細胞は収穫され、さまざまな形に加工されて販売されている。

複数のメディアが、ゲイツ氏がアップサイド・フーズ社(旧メンフィス・ミーツ社)とイート・ジャスト社に投資していると報じている。両社は2019年以降、合成卵を小売店で販売しているとも報じられている。ゲイツ氏は以前、インポッシブル・フーズとビヨンド・ミートという実験室育ちの牛肉を販売する2社を支援していた。

2022年、ゲイツ氏は裕福な国々は実験室育ちの牛肉に全面的に移行すべきだと述べている。また、ゲイツ氏は、人々は味の違いに順応でき、製品は時間とともに改良され続けるだろうと主張し、ラボで育った肉に関連する “グリーン・プレミアム “は、やがて消費者の需要転換を促進するのに十分な価格になるだろう、とゲイツ氏は述べた。

「すべての豊かな国は、100%合成牛肉に移行すべきだと思います。中所得国以上の食肉については、可能だと思います。このような法案では、基本的に実験用のゴミと呼ばれるものでなければ販売できないということになっています。彼らは私たちに牛肉のラベルを使わせたくないのです。」

Daily Expose紙によれば、ゲイツは投資を通じて偽肉を宣伝しているだけではない。彼はまた、実験室で培養された母乳を開発するBiomilqという新興企業を支援している。

彼が偽物の食品製造会社を支配し、宣伝している裏には、不吉な目的があると指摘した。こう指摘する: 食糧や水のような資源を支配する人々にとって、権力は無限であり、食糧供給の支配は “より良いものを取り戻す “ことの一部である。

実験室育ちの鶏肉やその他の "フランケン食品 "は、食べる人に害を与える

アップサイド・フーズCOOのエイミー・チェンは、Fox Newsに出演した際、米国農務省が同社の栽培鶏肉を認可したことについて触れた。

彼女は同チャンネルにこう語った: 「長期的には、栄養価を変更する可能性があることをお伝えします。しかし、今のところは、従来の鶏や従来の牛に期待されるものと一致させることに集中しています」。

しかし、実験室育ちの鶏肉に批判がないわけではない。栄養士で管理栄養士のダイアナ・ロジャースは、実験室育ちの肉よりも「靴を食べたい」と発言した。彼女はこう言った: 「マクドナルドの方が、ビタミンの点ではまだましです。」

『フードトラック・フェイスオフ』で有名なテレビ・シェフのアンドリュー・グルエルも、偽肉を添加物だらけの “ジャンク製品 “と呼んで非難した。

「実験室で作られた肉は、食料システムと経済の両方にとって危険だ。「生産に必要なエネルギーは法外で、政府の補助金でしか生き残れない。添加物だらけで、肉の健康的な性質をまったく模倣していない。恐ろしいことだ。

“合成肉や植物由来の製品の増加は、世界中の多くの健康専門家や懸念する市民を、食の未来について心配させた。”とExposeは結論づけ、多くの人々が、”これらはグローバル・エリートが食物連鎖を掌握し、人間に毒を盛るための別の手段に過ぎないと考えている。”と付け加えた。

実験室で育てられた鶏肉と、それを承認したアメリカ農務省についての詳しい記事は、Faこちらをご覧ください。

ビル・ゲイツによるノースダコタ州内の農地購入について、ドリュー・リグリー司法長官が開始した調査についてのクリップをご覧ください。

引用:naturalnews

 

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00