Home 政治アメリカ政治 トランプ大統領、自分に対する機密文書訴訟を「即刻取り下げ」るべき理由を説明

トランプ大統領、自分に対する機密文書訴訟を「即刻取り下げ」るべき理由を説明

by Jack World News

ドナルド・トランプ大統領は木曜日、自身の「機密」文書の取り扱いとされるものに対する現在進行中の連邦捜査が取り下げられるべき理由を説明し、「錯乱したジャック・スミス」を一刀両断。大統領記録法によって定められた判例を強調した。

大統領は公式声明の中で、「大統領記録法(PRA)が大統領とその記録に適用される唯一の法律であることを、多くの重要な判例がさらに裏付けている。これらの判例は、クリントン・ソックス事件を基礎として、大統領には文書に関して完全な自由と権限があること、またPRAには刑事執行メカニズムがないことを明確にしている」

トランプ大統領は6月、昨年の前代未聞のFBIによる家宅捜索でマール・ア・ラーゴから持ち出された、いわゆる機密文書の「誤処理」に関連する37の訴因で起訴されたばかりだ。

司法省の指示による不正行為の疑いで不起訴になるかもしれないという噂が飛び交っているが、真偽はまだ確認されていない。

トランプ大統領は、「調査の陣頭指揮を執る特別顧問の “錯乱したジャック・スミス”が、文書に関する大統領の “完全な自由裁量と権限”を認識していたにもかかわらず、”大統領記録法”という言葉に触れることさえ拒否した」と述べた。

さらに、「今、『トランプ大統領』を追いかけている司法省と同じ司法省は、ほんの数年前、大統領に代わって多くの事件でPRAの広範かつ完全な適用を主張し、大統領に全面的に有利な判決を下した最高裁判事ケタンジ・ブラウン・ジャクソンのような、民主党が任命した裁判官のによって勝利を収めた。」と続けた。

RSBNが以前報じたように、6月にインディペンデント紙に語った情報筋によれば、機密文書事件ではさらに30~40件の告発の可能性を示唆する、最近の報道があった。

現在、トランプ大統領は、連邦裁判とマンハッタンでの刑事捜査の合計71件の容疑に直面している。マンハッタンでは、春にビジネス記録を「改ざん」したとして起訴された。

トランプ大統領は声明の中で、彼が提示したPRAとクリントン・ソックス事件に関する事実は、「現在の武器化された司法省が、私に対する捏造された議論の中で、PRAに言及しない腐敗した理由を説明したものであり、また、メリック・ガーランド司法長官、錯乱したジャック・スミス、リサ・モナコ、その他司法省とFBI内の多くのトランプ嫌いによる広範な検察の不正行為を強く非難し、その “事件 “を即刻取り下げなければならない重要な理由のほんの一部でもある 」と主張した。

引用:RSBN

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00