Home 政治トランプ大統領 バイデン司法省、機密文書事件で12月の公判期日を要求 – アイオワ州共和党党員投票前夜に

バイデン司法省、機密文書事件で12月の公判期日を要求 – アイオワ州共和党党員投票前夜に

by Jack World News

バイデンの腐敗した司法省は、ジャック・スミスの機密文書事件で12月11日の公判期日を求めている。

これは図々しい選挙妨害だ。

もしアイリーン判事が司法省の要求を認めれば、裁判期日はアイオワ州共和党大統領選挙の数週間前に始まることになる。

アイオワ州党員集会は今の選挙サイクルでは早く始まっており、2024年1月15日に開催される。

キャノン判事は裁判期日を8月14日に設定したが、トランプ氏の弁護団は裁判の無期限延期を求めた。

司法省の弁護士は木曜日、トランプ氏の弁護団を押し返す動議を提出し、2023年12月11日に陪審員選定を進めるよう裁判官に求めた。

ジョー・バイデン大統領は2024年の選挙でトランプ氏に勝てないので、司法省の弁護士をトランプ氏の後に送り込み、トランプ氏を黙らせ、刑務所に入れようとしている。

CBS Newsが以下のように伝えた:

司法省は木曜日、フロリダ州の連邦判事に、ドナルド・トランプ前大統領の政府機密記録の取り扱いをめぐる連邦刑事裁判の無期限延期を求める要請を無視するよう求めた。

「このような不確定でオープンエンドな進め方には、法律上も事実上も何の根拠もなく、被告は何も提供していない」とジャック・スミス特別弁護人は提出書類の中で主張した。

木曜日にフロリダ州で提出された11ページにわたる申し立てで、スミスは、2024年の大統領選挙中に裁判を行うことは、公正な陪審員選出プロセスの実行可能性を危うくするというトランプ氏の弁護士の主張を押し切った。

検察側は、「この主張を信用する理由はない」とし、「政府は、ここでの陪審員選定が(アンケートなど)追加的なプロトコルに値する可能性があり、他の事件よりも時間がかかる可能性があることを容易に認めるが、それらは、遅かれ早かれプロセスを開始する理由である」と主張した。

引用:Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00