Home 軍事中国軍事 中国は脳制御兵器を開発中、米国とインド太平洋の同盟国を脅かす: 報告書

中国は脳制御兵器を開発中、米国とインド太平洋の同盟国を脅かす: 報告書

by Jack World News

中国は脳機能を標的とした兵器を開発中であり、政府や軍の指導者に影響を与え、全人口をコントロールするための認知戦争を目的としている、と新たな報告書が発表された。

「多くの人には知られていないが、中国共産党(CCP)とその人民解放軍(PLA)は、ニューロストライク兵器の開発において世界のリーダーとしての地位を確立している。

現在、中国には中国共産党の「戦略的野心」に合致する「ニューロストライク」プログラムのための技術を製造する国防産業基盤はない、と報告書は述べている。

「この研究に突破口が開かれれば、中国共産党が新しい世界秩序を強制的に確立するための前例のない手段を提供することになる。

中国共産党が現在のルールに基づく国際秩序の再構築を目指しているため、報告書の暴露は自由世界が直面する課題に拍車をかけている。2月、アメリカの国家情報長官室は報告書の中で、中国が現在の国際秩序に対して「中国主導の代替案」を推進するためにプログラムやイニシアティブを利用していると述べた。

科学的に言えば、ニューロストライクとは、認知を損ない、状況認識を低下させ、長期的な神経学的ダメージを与え、正常な認知機能を低下させる目的で、非キネティック・テクノロジーを用いて兵士や民間人の脳を人工的に標的にすることと定義される。報告書は、非運動学的技術にはマイクロ波やその他の指向性エネルギーが含まれると付け加えた。

この兵器は、銃や電磁ビームを発射する大型兵器に搭載することができるが、中国政権による神経科学の兵器化は、”古典的なマイクロ波兵器の範囲と理解を超えている”。

「彼らのニューロストライク開発の新しい展望には、集団全体をコントロールするための大規模な分散型ヒューマン・コンピューター・インターフェースの使用や、認知障害を引き起こすように設計されたさまざまな兵器が含まれている」と報告書は説明している。

報告書は、シンガポール国立大学東アジア研究所のシニアフェローであるライアン・クラーク博士、元米陸軍将校で微生物学者のショーン・リン氏、元米空軍情報将校でデータ・アビスの創設者であるL.J.イーズ氏によって執筆された。

強烈な恐怖を植え付ける

3人の著者は、中国政権が「ニューロストライクと心理戦を、インド太平洋における米国とその同盟国に対する非対称戦争戦略の中核的要素と見なしている。」と書いている。

より具体的には、ニューロストライク兵器は、共産主義政権の既存の「反アクセス/領域拒否」(A2/AD)戦略に「適合する」と説明している。A2/AD戦略は、中国がインド太平洋で始めた紛争(台湾侵攻など)への米軍の介入を阻止することを主眼としている。

「少なくとも(部分的に)免疫化されたPLA部隊が、特定の兵器化された細菌株が侵入前に放出された地域に投入され、地ならしと抵抗勢力の排除を行うと想像してほしい。「現地に残る抵抗勢力は、中国共産党のニューロストライク兵器によって、強烈な恐怖やその他の認知的支離滅裂を植え付けられ、無為無策となるのだ。」

このシナリオでは、中国軍は台湾のような地域に対する “絶対的支配権 “を確立することができる。「このシナリオは、現存するCCPの研究プログラムと、それらのプログラムの明確な戦略的目的に基づいている。」

政府説明責任局は、2022年に発表した報告書の中で、(A2/AD)能力は、中国が米国に挑戦する試みの一環として投資している5つの分野の1つであると指摘した。これらの能力には、グアムを含む西太平洋の米国の兵站と戦力投射資産に到達可能な長距離弾道ミサイルと巡航ミサイル、および自国の海岸から550km(341マイル)以上に到達可能な防空ミサイルが含まれる。

他の4分野は、中国沿岸から1,500km(932マイル)沖の空母を狙える弾道ミサイルを含む地上・海中作戦、米軍のシステムをオフラインにすることを目的としたサイバー能力、対衛星兵器などの宇宙能力、人工知能への広範な投資である。

戦略的な優位性

この報告書は、2021年に米国が中国国営の軍事医学科学院(AMMS)(中国軍の高級研究機関)に対して行った制裁は、ニューロストライク研究における「主導的役割」の結果であると主張している。

その年、商務省はAMMSとその11の研究機関に対し、「脳をコントロールする兵器と称するもの」を含む中国軍への援助を理由に、貿易と投資の制限を課した。

AMMSは、その最も積極的な研究開発プログラムに “力 “を与え続けている、いまだあからさまな、半ば水面下の、そして明白に地下に潜ったグローバルなつながりの複雑なネットワークを象徴している」と報告書は述べ、その上で、この機関を注視する必要があると付け加えた。

2017年、AMMSの子会社の医学研究者である李鵬は、”脳科学への研究は、未来の戦争がどのように進化するかというビジョンから生まれた “と記事に書いている。彼はさらに、この研究はどの国にとっても「戦略的高み」を確保するために極めて重要だと付け加えた。

2020年の国防大学の出版物によると、”軍事医学アカデミーの研究者は、脳に電極を埋め込むブレイン・マシン・インターフェースの技術を調べるためにサルを使用している”。

中国は、科学技術分野の外国人や中国人を中国で働かせるために、いわゆる人材リクルート・プログラムを利用していることが知られている。最もよく知られている「千人プログラム」や「百人プログラム」を含むこれらのプログラムは、参加者に移転費用だけでなく、多額の金銭的インセンティブを提供することが多い。

かつてトーマス・ジェファーソン大学の教員であった王亦正は、現在AMMSの研究者であり、国営の中国科学院の学識経験者であり、中国神経科学学会の副会長でもある。彼の研究は神経細胞の生存メカニズムの解明である。

王氏は2001年に中国に帰国し、「100人の優秀な人材」プログラムの参加者の一人に選ばれた。※現在は千人まで拡大した計画になっている。

FBIはそのウェブサイトで、中国の人材計画は企業秘密の窃盗や経済スパイを奨励していると書いている。

「中国の)人材計画には通常、情報、技術、知的財産の非公開かつ違法な移転が含まれ、それは一方的で、米国の機関にとって不利なものです」とFBIは書いている。

中国共産党の攻撃性の爆発的拡大

報告書は、PLAの戦略支援部隊(PLASSF)が将来ニューロストライクの能力を取り込む可能性があると述べている。

「PLASSFは現在、インド太平洋の複数の戦域において、中国の軍事資産(陸、海、空、サイバー、宇宙)が増大し、ますます活発化しているプラットフォームの上部構造の一種として運用されており、同時にニューロストライク兵器の主要な配備プラットフォームとしても機能している。

「ニューロストライク兵器の追加能力によって、敵の認知能力にダメージを与えたり、混乱させたり、あるいは敵の認知能力を集団レベルでコントロールすることができるようになれば、PLASSFはインド太平洋における中国共産党の侵略を飛躍的にエスカレートさせることになる。

中国のニューロストライク能力に対抗するために、報告書は米国政府に対していくつかの提言を行った。そうすることで、国際的な研究者が中国の研究者と提携する際に「より慎重になる」ことができるようになるという。

「中国共産党のニューロストライク・プログラムに関連する、中国共産党の特定のメンバーやその持ち株を含む、中国共産党の文官と軍人の完全な利益融合に対する精密な制裁」と、報告書のもうひとつの勧告は述べている。

融合戦略の下で、中国共産党は民間部門に軍の技術進歩を支援するよう強制している。国務省によれば、この戦略には、中国が “軍事的優位を獲得する “ための知的財産の窃盗が含まれているという。

引用:Theepothtimes
引用:NTD

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00