Home 政治トランプ大統領 E・ジーン・キャロルの名誉毀損訴訟でトランプ氏に個人的責任が問えると発言

E・ジーン・キャロルの名誉毀損訴訟でトランプ氏に個人的責任が問えると発言

by Jack World News

バイデン司法省が方針を転換

司法省は火曜日、方針を転換し、E・ジーン・キャロルの名誉毀損訴訟において、トランプ氏は個人的責任を問われる可能性があると述べた。

これは、E.ジーン・キャロルに関する発言をしたとき、トランプ氏は大統領であったため、ウエストフォール法によって保護されているという司法省の立場からの逆転である。

2019年、E・ジーン・キャロルは1990年代にドナルド・トランプにバーグドルフ・グッドマンの楽屋でレイプされたと主張した。

トランプはこの疑惑を否定し、E・ジーン・キャロルを 「私のタイプではない 」「ホラ吹き」と呼んだ。

5月、陪審はトランプ氏がキャロルに性的虐待を加え、名誉を毀損したと判断し、彼に500万ドルの損害賠償を命じた。

評決の数週間後、トランプ氏はCNNのタウンホールでE・ジーン・キャロルを非難した。

「ある女性が誰かと出会って、その人を持ち出して、数分もしないうちに楽屋でHなことをするんだ?”」トランプはそう言い、この告発は “フェイク “で “作り話 “だと付け加えた。

E. ジーン・キャロルは、CNNのタウンホールでの発言をめぐり、トランプを再び追及し、新たに多額の損害賠償を求めた。

キャロルの弁護士ロベルタ・カプラン(ルイス・カプラン判事とは無関係)は、司法省の逆転を歓呼し、最新の訴訟が裁判に至るための最後の障害のひとつだと述べた。

「司法省がその立場を再考してくれたことに感謝しています」とカプランは声明で述べた。「我々は、ドナルド・トランプが2019年6月に我々のクライアントについて中傷的な発言をしたのは、個人的な敵意、悪意、恨みからであり、アメリカ大統領としてではないと信じてきた」

裁判は来年1月に予定されている。

AP通信が以下のように伝えた:

司法省は火曜日、ドナルド・トランプがレイプ被害を訴えた女性について行った発言について、個人的責任を問われる可能性があると述べた。

コラムニストのE・ジーン・キャロルが2020年にマンハッタン連邦裁判所に起こした名誉毀損訴訟の裁判長に提出した書簡の中で、同省は、トランプがキャロルの主張に関する発言において、米国に貢献したいという取るに足らない願望以上の動機があったと結論付ける「十分な根拠」をもはや持っていないと述べている。

以前、同省は、連邦職員が職務の範囲内で行われた行為について起こされた訴訟から絶対的な免責を与えるウェストフォール法によって、トランプ氏は訴訟から保護されていると、トランプ氏の弁護士と合意していた。

先月、トランプ大統領はE・ジーン・キャロルに対し、彼女がレイプで彼を誣告したと名誉毀損訴訟で反撃した。今回の反訴は、5月に民事陪審が「性的虐待と名誉棄損で有罪」だが「レイプではない」と判断した後のことだ。

先月マンハッタン連邦裁判所に提出されたトランプの反訴は、キャロルの判決後のCNNでのコメントを引用している。

引用:Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00