Home 政治外交関係 気候変動担当相ジョン・ケリー、習近平の言葉を鵜呑みにする。それが問題なのだ。

気候変動担当相ジョン・ケリー、習近平の言葉を鵜呑みにする。それが問題なのだ。

by Jack World News

独裁者の行動は、環境に対する彼の懸念について知る必要のあるすべてを物語っている。

2019年の香港抗議デモの最中、ある参加者が当時の自由世界のリーダーに力強いアドバイスをした。「ドナルド・トランプよ、中国を信用するな」と抗議者は言った。”中国はろくでなしだ”

この言葉は、ジョー・バイデン大統領の気候変動担当官であるジョン・ケリーが、今週末に化石燃料を排出するジェット機に乗って北京に向かい、共産主義者の謝振華と気候変動に関する直接交渉を再開する準備をする際に、熟慮するのに十分な言葉である。もしこの旅で中国が「石炭からの撤退を加速させる」と約束すれば、それは成功だとケリーは言う。

ハードルは低い。中国は長い間、石炭の消費量と二酸化炭素排出量を増加させることだけを約束してきた。中国共産党のトップである習近平が国家主席に就任した翌年の2014年、中国は2020年までに年間石炭消費量を42億トンに抑えるという計画を発表し、アメリカのマスコミは大いに沸いた。中国の排出量削減へのコミットメントについて、バラク・オバマ前大統領は当時、「差し迫った世界的な課題に対して協力すれば何が可能かを示している」と述べた。今日、中国はこの数字を吹き飛ばし、世界の他の国々を合わせたよりも多くの石炭を燃やしている。

それにもかかわらずケリーは、中国の場合、言葉だけが気候変動の “進歩 “の証拠だと主張してきた。彼は、「気候危機」という言葉を使い、「エコロジー戦略」の一環として排出量削減を約束した大量虐殺の独裁者を称賛している。

「その言葉を使わないよりは、使ったほうがましだ」とケリー氏は2021年に議員たちに語った。

かつての賢人は “信頼はするが検証はせよ “と言った。その1年後の2022年、習近平は週に2基の石炭火力発電所の新設を承認した。

それは残念ながらバイデン政権の外交のやり方ではない。ケリーは3月、中国とアメリカの間の「他の緊張関係」(スパイ気球、強制収容所、アメリカの商務長官のハッキングなど)が気候変動協力と「混同」してしまったことに遺憾の意を表明した。

ケリーとバイデン政権の盟友たちは、自分たちの醒めたレトリックをどの程度取り入れたかで、その人物を判断していることが明らかになった。習近平は、どちらが優位に立つかを完璧に理解している。

引用:The Washington Freebeacon

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00