Home 経済アメリカ経済 爆弾レポート: 税務調査会社が大手テック企業と機密個人データを違法に共有

爆弾レポート: 税務調査会社が大手テック企業と機密個人データを違法に共有

by Jack World News

バーニー・サンダース上院議員と議会民主党のグループが7ヶ月に及ぶ調査を行い、その結果、衝撃的な報告書が水曜日に発表された。この報告書では、民間の税務申告会社が何年にもわたり、機密性の高い個人情報をテック大手と密かに共有していたことが明らかになった。

上院ではエリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)、下院ではケイティ・ポーター下院議員(カリフォルニア州選出)が主導したこの報告書では、タックスアクト、H&Rブロック、タックススレイヤーが「ピクセルと呼ばれるコンピューター・コードを使ってメタ社とグーグル社にデータを送信していた」と指摘されている。

「ほとんどのウェブサイトがピクセルを使用しているが、ピクセルが機密情報にアクセスしないようにするためのさらなる措置がとられていない限り、オンライン税務申告準備ウェブサイトが確定申告情報を入力するウェブページでピクセルを使用するのは特に無謀である」と、議員たちの54ページに及ぶ報告書は述べている。

しかし、税務申告会社は、これを「どこにでもある」「業界の一般的な慣行」と説明している。

内国歳入庁(IRS)の無料申告プログラムを創設する取り組みに猛反対してきた大手税務申告会社3社は、グーグルとメタピクセルの機能を利用して納税者データを交換していることを認めている。

「タックスアクトが使用したメタピクセルとその他のメタツールは、これまで報告されていたよりもはるかに多くの情報を収集していた。

“納税者の申告状況、おおよその[調整後総所得]、おおよその還付額、扶養家族の名前に加えて、ピクセルはおおよその連邦税の負担額、クリックされたボタン、納税者が移動したテキスト入力フォームの名前を収集した。”

“H&RブロックとTaxSlayerはまた、Meta Pixelを介して共有されたデータの広範なリストを明らかにし、納税者が多くの明白な税務状況のページを訪問したかどうかの情報を送信することを含む “と報告書は付け加えている。

“税務申告会社や大手テック企業は、共有されたデータはすべて匿名であると主張したが、FTC(連邦取引委員会)や専門家は、データは個人を特定したり、ターゲット広告やその他の目的に使用できる個人情報を作成するために簡単に使用できると指摘している。”

フェイスブックのプライバシーポリシーでは、メタピクセルで収集されたデータは最大2年間「保持される可能性がある」とされている。

ジョージタウン大学の法学部教授で、FTCの元消費者保護責任者であるデビッド・ブラデックによれば、上院報告書の開示は納税者のプライバシーにとって「5つの火種」になるという。

「1から10までの尺度で言えば、これは15です。「これは、子供を搾取すること以外では、私が見たどのプライバシー侵害にも匹敵する。」

議員たちは、水曜日に書簡で主要な連邦政府機関に調査結果を警告し、”法律に違反した企業や個人 “の訴追を要求した。

“この報告書の調査結果は、納税者の権利を侵害し、納税者のプライバシーに関する法律に違反している可能性のある、税務申告会社や大手テック企業による、納税者のプライバシーに対する衝撃的な侵害を明らかにするものである。

内国歳入庁、財務省税務行政監察総監、連邦取引委員会、司法省はこの件を完全に調査すべきである。

我々はまた、IRSが最近発表した、来年の無料ダイレクト・ファイル試験運用を歓迎する。”

引用:theleadingreport. childrenshealthdefense. 

 

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00