Home 生活コロナウィルス 爆弾レポート”追跡困難な大金”:5兆ドルのパンデミック支出は専門家でも追跡困難との調査報告

爆弾レポート”追跡困難な大金”:5兆ドルのパンデミック支出は専門家でも追跡困難との調査報告

by Jack World News

"連邦政府の支出データに既存のギャップがあるため、監視コミュニティ、意思決定者、そしてアメリカの納税者が、その資金がどこに行き、どのように使われたかを完全に理解することは困難である"

議会がパンデミック救援活動に費やした5兆ドルの支出は、追跡が非常に困難であり、政府調査官の一部さえも困惑させていることが、新たな報告書で明らかになった。この5兆㌦の支出はどこに消えたのだろうか?

パンデミック対応説明責任委員会(Pandemic Response Accountability Committee)の新しい報告書は、6つのコミュニティに対する26億5000万ドルのパンデミック救援資金を追跡した。報告書によると、「データギャップがあるため、納税者が自分たちの地域がどのような目的でどれだけの資金を受け取ったかを知ることは難しい」という。この26.5億ドルは、パンデミック時に連邦政府から支給された5兆ドルの救援金の一部である。

「連邦政府の支出データには既存のギャップがあるため、監督コミュニティ、意思決定者、そして納税者が、その資金がどこに行き、どのように使われたかを完全に理解することは困難である。「さらに、このようなギャップは、資金を管理するプログラム担当者が資金の受領者と使途を明確に理解することを困難にしている。

パンデミック対応説明責任委員会は、コロナウイルス援助・救済・安全保障法(CARES法)の一部として議員によって設立されたもので、誠実性と効率性に関する監察官評議会の委員会である。同委員会の監視チームは、ケーススタディの一環として、2つの中小都市、2つの地方郡、2つのアメリカ先住民居留地を含む、選ばれた6つの地域を訪問した。調査対象となった6つの地域社会とは、マサチューセッツ州スプリングフィールド、アイダホ州コーダレーン、ネブラスカ州シェリダン郡、ジョージア州マリオン郡、ミネソタ州ホワイトアース族居留地、ニューメキシコ州ジカリラ・アパッチ族居留地である。

チームは、レビューの対象となった10の連邦政府機関が、パンデミックの最初の18ヶ月間(2020年3月から2021年9月まで)に、約89のパンデミック救済プログラムとサブプログラムを通じて、6つのコミュニティに約26億5,000万ドルのパンデミック救済資金を提供したことを明らかにした。チームは、連邦、州、地方のデータソースを組み合わせて使用した。

引用:Justthenews

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00