Home 社会LGBTQ+ 障害のある女性のためのレースで生物学的男性がメダルを獲得

障害のある女性のためのレースで生物学的男性がメダルを獲得

by Jack World News

トランスジェンダーの生物学的男性である49歳のバレンティーナ・ペトリロが、パリで開催された世界パラ陸上競技選手権大会の女子400メートルで銅メダルを獲得した。このレースは、ペトリロの女子競技における9個目のメダルを意味し、世界レベルで陸上競技のメダルを獲得した初のトランスジェンダー選手としての地位を確立した。

ペトリロは、14歳のときにスターガルト病と診断されたため、視覚障害者のためのT12カテゴリーに出場した。この病気で視力を失い、41歳になるまで競技活動を休止していた。転向前、ペトリロは男子のカテゴリーで11回の全米優勝を経験している。

400メートル走のタイムは58秒24で、キューバのオマラ・デュランド(52秒82)、ベネズエラのアレハンドラ・ペレス・ロペス(57秒88)の後塵を拝した。

ペトリロは2017年にトランジションを開始し、2019年にホルモン療法を受けた。BBCのインタビューでは、「IOCと世界陸上のルールを尊重し、遵守している。誰かから何かを盗んでいるという感覚はない。”

「スポーツ選手として、以前のように速く走れないことを受け入れるのは難しい。私は、自分の幸せのために、この妥協を受け入れなければならなかった。

彼のモットーは、”速い不幸な男より、遅い幸せな女になる方がいい”。

とはいえ、彼の女子スポーツへの参加と勝利は批判を呼んでいる。彼の体格が、シスジェンダーの女性に対して不公平な優位性を与えているという意見が多いのだ。カナダの元オリンピックヘッドコーチであるピーター・エリクセンは、この結果を「ショッキングなもの」とし、イギリスの女子マラソン史上3番目に速いランナーであるマーラ・ヤマウチは、他の49歳の選手が世界レベルでメダルを獲得する可能性に疑問を呈した。

この騒動にもかかわらず、世界パラ陸上競技選手権大会は現在、国際オリンピック委員会のガイドラインに沿って、トランスジェンダーの女性が女子カテゴリーに出場することを認めている。逆に世界陸上は、2024年夏のパリ五輪では、”女子のカテゴリーを守る “ために、トランスジェンダーの女性が女子の競技に参加することを禁止している。

2021年、ブレシア在住の弁護士で35歳以上の「マスター」カテゴリーに出場するファウスタ・キレリは、イタリア陸上連盟会長、機会均等省、スポーツ省に嘆願書を送り、ペトリロの女子レース参加資格に異議を唱えた。

彼女は、「彼女の身体的優位性は、競技を不公平にするほど明白である」とし、体格も考慮に入れなければならないため、テストステロンに一点集中するIOCの姿勢は「意味がない」と抗議している。この嘆願書には、30人以上の女性マスターアスリートが賛同した。

「もし、彼女が私たちと一緒に走りたいのであれば、私たちは喜んでそうします。私たちはいつでも彼女を歓迎しますが、私たちとタイトルを争ってほしいわけではありません。」

ペトリロは、あるイベントで何人かの女性から集合写真を拒否されたとき、胸に刺すような痛みを感じたが、彼女たちの反応を認めている。

「ヴァレンティーナ、もしあなたが生物学的な女性で、トランスのヴァレンティーナがあなたと競争していたら、どう感じる?そして私は自分自身に答えを与えた–驚き、戸惑い、疑い。私は女性として、そういったものを抱くだろう。だから、これらの疑問や質問は正当なものだと思うと述べた。

それにもかかわらず、ペトリロは女子カテゴリーで走るという動きを断固として擁護した。議論が続く中、スポーツ界は包括性と公正な競争のバランスを取る必要があるだろう。

引用:Trending politics

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00