Home 政治アメリカ政治CIA・NSA・FBI各諜報機関 トランプ大統領、2025年にJFK、RFK、マルコムX、MLK Jr.の暗殺資料を機密解除へ

トランプ大統領、2025年にJFK、RFK、マルコムX、MLK Jr.の暗殺資料を機密解除へ

by Jack World News

ドナルド・トランプ前大統領は、唐突に、一人一人の名前を上げて暗殺された人の機密文書を全て公開するとSNSへ投稿しました。2025年1月20日にジョン・F・ケネディ大統領、ロバート・F・ケネディ、マルコムX、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア博士の暗殺に関連する残りの機密記録をすべて公開すると誓った。

私がホワイトハウスに戻ったら、ジョン・F・ケネディ暗殺関連文書の機密指定を解除し、封印を解く」とトランプは自身のソーシャルメディア「Truth」に書き込んだ。「60年ぶりだ。アメリカ国民が真実を知る時だ!」

ジョー・バイデン大統領は、国立公文書館がいまだ機密扱いとなっている文書の評価を終え、一部は引き続き非公開とすべきとの結論を出したと発表した。

「ホワイトハウスのカリーヌ・ジャン=ピエール報道官は、ホワイトハウスで記者団に対し、「この措置は、ケネディ大統領暗殺に関連するすべての情報を公開すべきだという大統領の指示を反映したものです。

「20日(2025年1月)の午後、彼はすべての機密指定を解除するつもりだ!」とスティーブ・バノンは発表した。「ジョン・F・ケネディ、マーティン・ルーサー・キング、マルコムX、ボビー・ケネディの暗殺ファイルをすべて公開する。「ジョージ・ウォレス暗殺未遂事件もだ。ビル・バーのもとでは、ジェフリー・エプスタインのファイルを取り寄せて、誰が彼を殺害したかを調べるつもりだ。そして、彼と行動を共にしていたすべての外国情報機関、それがすべて明らかになる」

残り少ない文書をめぐる争い

ケネディ暗殺の専門家たちは、情報の99%は公開されているというホワイトハウスの主張を嘲笑し、アメリカ政府がすべてのアーカイブを公開していないことを批判した。

「バイデンホワイトハウスが、基本的に長い連休に入る前の金曜日の夜に意図的に公開したのだから、この事件の真相に関心を持つ人を侮辱している: リー・ハーヴェイ・オズワルドとJFK暗殺』の著者、ジェラルド・ポズナーは『メッセンジャー』紙にこう語った。「すべてのファイルがもっと前に公開されるべきだったことに異論を唱える者はいない。それは私たち全員の恥です”

引用:Theledingreports

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00