Home 政治トランプ大統領 トランプ・ナショナル・ゴルフ・クラブ・ベッドミンスターで新作映画「サウンド・オブ・フリーダム」を来週上映

トランプ・ナショナル・ゴルフ・クラブ・ベッドミンスターで新作映画「サウンド・オブ・フリーダム」を来週上映

by Jack World News

映画『サウンド・オブ・フリーダム』の公開を控え、トランプ大統領は来週、トランプ・ナショナル・ゴルフ・クラブ・ベッドミンスターで上映会を開催する。

映画『サウンド・オブ・フリーダム』は、アメリカにおける人身売買という厳しいテーマを扱っている。映画の筋書きは、児童人身売買事件の捜査にキャリアを費やした元連邦捜査官ティム・バラードの実話を描いている。

トランプ大統領はこの映画を上映し、アメリカにおける人身売買問題の深刻化を訴える予定だ。これはトランプ大統領の新たな関心事ではなく、実際に彼は長年、人身売買と闘ってきた。RSBNの報告によると、アメリカにおける人身売買は過去1年間で50%増加したという。

2018年、トランプ大統領は「人身売買を監視し、闘うための大統領省庁間タスクフォース」に大統領として初めて参加した。続いて2020年には、「米国における人身売買およびオンライン児童搾取との闘い」に関する大統領令に署名し、アメリカ大統領として初の快挙を成し遂げた。

特に最近、マーク・ザッカーバーグのメタ・プラットフォームが人身売買に関連しているとの報道があり、国内での人身売買は高止まりしている。RSBNによると、フロリダ州のアシュリー・ムーディ司法長官は現在、ザッカーバーグのメタに関する捜査の陣頭指揮を執っている。

この映画の監督であるアレハンドロ・モンテベルデは、この映画をきっかけに人々が人身売買の現実を知り、闘う気持ちになることを願っている。Foxニュースは、モンテベルデ監督が映画のプレミアで語った 「この映画が本当に始まるのは、皆さんが映画館を出てからであってほしい」という言葉を伝えている。

モンテベルデは、この映画が観客の心に響き、人身売買との闘いに参加したいと思わせることを願っている。

「私たちは今、着陸態勢を整えているところだ。何百万人もの子供たちに影響を及ぼしているこの恐ろしい疫病を終わらせるために、あなたが立ち上がり、声を上げ、介入し、必要なことをする機会がここにあるのです」

モンテベルデはFox Newsを通じて、映画『Sound of Freedom』が、どのように人身売買の危機を認識させることができるかについて語った。

引用:RSBN

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00