Home 生活コロナワクチン FDA、臨床試験で86%の小児がファイザー社Covid-19ワクチンの副作用に苦しむ

FDA、臨床試験で86%の小児がファイザー社Covid-19ワクチンの副作用に苦しむ

by Jack World News

2021年5月10日、FDAはファイザー社のmRNACovid-19ワクチンを米国で12歳以上の小児に使用することを承認した。これに続き、EMAはEUの12歳以上の青少年にもファイザー社製のワクチンを接種することを提案している。


このため、MHRAがFDAとEMAに追随し、同様にファイザー社製ワクチンの12歳以上の小児への緊急使用許可を与えることを疑う理由はない。

しかし、ファイザー社が12歳から15歳の子供を対象に行った臨床試験によると、少なくとも1回ワクチンを接種した人の86%が軽度から重度の副作用を経験していることをご存知だろうか?


2021年5月10日、FDAはファイザーのmRNA Covid-19ワクチンを米国で12歳以上の小児に使用することを承認した。これに続き、EMAはEUの12歳以上の青少年にもファイザー社製のワクチンを接種するよう提案している。

このため、MHRAがFDAとEMAに追随し、同様にファイザー社製ワクチンの12歳以上の小児への緊急使用許可を与えることを疑う理由はない。

しかし、ファイザー社が12歳から15歳の子供たちを対象に行った臨床試験によると、少なくとも1回ワクチンを接種した人の86%が軽度から重度の副作用を経験していることをご存知だろうか?

この情報は公開されており、FDAのファクトシートに記載されている。

そのデータシートの2つの表には、ファイザー社のmRNA「ワクチン」(遺伝子治療)を少なくとも1回接種した12歳から15歳の子供たちが被った副作用と被害について、憂慮すべき情報が記載されている。

表によれば、mRNAワクチンの1回目の投与を受けた1,127人の子供のうち、2回目の投与も受けたのは1,097人だけである。この事実だけでも、なぜ30人の子供たちがファイザー社のワクチンの2回目の投与を受けなかったのかという疑問がわく。

初回接種を受けた1,127人の子供の86%が陰性であった。2回目の接種を受けた1,097人の子供の78.9%が好ましくない反応を示した。

FDAのファクトシートの表6によれば、ファイザー社のワクチンの初回接種を受けた1,127人の子供の20.3%、2回接種を受けた1,097人の子供の39.3%が発熱を報告した。2 回目の接種を受けた子供の66%が疲労を感じ、1 回目の接種を受けた子供の60.1%が疲労を感じた。

頭痛も1回目の接種を受けた子供の55.3%、2回目の接種を受けた子供の64.5%が経験した。

悪寒も1回目の接種を受けた子供の27.6%、2回目の接種を受けた子供の41.5%が経験した。嘔吐は1回目を受けた子供の2.8%、2回目を受けた子供の2.6%であった。

下痢はFDAが指定した最後の副作用である。最初の投与を受けた1,127人の子供の8.0%が下痢を経験した。2回目の投与を受けた1,097人の子供の5.9%が下痢を発症した。

初回接種後に86%の子供たちが副反応を報告しているにもかかわらず、治験の継続が許可され、同じ子供たちが2回目の接種を受けたことは憂慮すべきことである。

FDAの報告書はまた、0.04%が極めて重篤な有害事象を経験したことにも触れているが、具体的にどのような反応が起こったかについては詳しく述べていない。0.04%というと取るに足らないことのように思えるかもしれないが、文脈を整理してみよう。英国には12歳から15歳までの子供が約400万人いる。この研究によれば、ファイザー社のmRNAワクチンを1回接種しただけで1,600人の子供が重篤な副反応に見舞われる可能性がある。

その後、12歳未満の子供たちにも拡大され、同様の割合で極めて重篤な副反応が起こった場合、その数は約5,200人に増加すると予想される。

しかし、この調査では、投与者の86%が否定的な反応を経験していることを忘れてはならない。このことは、ファイザー社のワクチンをたった1回接種した12歳から15歳の子供340万人が、副反応を経験する可能性があることを示している。

私たちは、この割合と、Covid-19症と称される軽度の症状を示す子供たちの実際のリスクとを対比したとき、医療規制当局が、これらの実験的ワクチンの利点がリスクを上回るという結論に至ったことに当惑している。

そして、これらのワクチンは実験的なものであり、FDAの文書には次のように書かれている。

ファイザー・バイオンテックCOVID-19ワクチンは、COVID-19を予防する可能性のある未承認ワクチンです。FDAが承認したCOVID-19を予防するワクチンはありません。FDAは緊急使用許可(EUA)のもと、12歳以上のCOVID-19を予防するためにファイザー・バイオンテックCOVID-19ワクチンの緊急使用を許可しました。

さらに、FDAはファクトシートの中で、ファイザーのワクチンを含むすべてのCovid-19ワクチンはまだ臨床試験中であると断言している。

重大で予期せぬ悪影響が発生する可能性があります。

引用FDA

※更新:このニュースが話題になるとなぜか?FDAはページから削除した?と思われる。

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00