Home 社会 『サウンド・オブ・フリーダム』2週末後の累計興行収入は8,500万ドルと予測 – 今週は1億ドルに達すると予想

『サウンド・オブ・フリーダム』2週末後の累計興行収入は8,500万ドルと予測 – 今週は1億ドルに達すると予想

by Jack World News

俳優ジム・カヴィーゼルの最新作『サウンド・オブ・フリーダム』が7月4日、全米の一部劇場で公開された。

パッション・オブ・キリスト』のジーザス役で有名なカヴィーゼルは、先日、エンジェル・スタジオによる最新作『サウンド・オブ・フリーダム』のプロモーションのため、『ウォー・ルーム』に出演した。この映画は、児童人身売買の悪を暴く実話に基づくものである。

** この重要な映画の独占上映のチケットはこちらで購入できる。

カヴィーゼルはコロンビアでの撮影中、数人の元連邦捜査官と30人のネイビーシールズと行動を共にした。

日曜日にエンジェル・スタジオは、この映画の興行収入が85ドルに達したと発表した。 この映画は今週、1億ドルを達成する見込みである。

主流メディアは、アメリカ人にこの児童人身売買を扱った例外的な映画を観ないよう、全力で説得しているにもかかわらず、である。

エンジェル・スタジオが伝えた:

ユタ州プロボ-2023年7月16日

エンジェル・スタジオ(数千人のエンジェル投資家に支えられ、映画製作者がクラウドファンディングで映画やテレビシリーズを製作し、世界的に配給できるプラットフォーム兼スタジオ)は、ジム・カヴィーゼル主演映画『SOUND OF FREEDOM』の7月累計興行収入と2週目の週末興行成績を発表した。エンジェルスタジオは、日曜日までの累計興行収入を8500万ドル以上と見込んでおり、国内公開2週目の週末には2700万ドルの興行収入を記録した。


「夏の映画興行ラインアップ全体が不調な中、私たちの小さなインディペンデント映画は週を追うごとに成長を続けています。何百万人ものファンやサポーターに後押しされ、『SOUND of FREEDOM』は全国的な、そしてやがて国際的な変革のムーブメントとなりました。

エンジェル・スタジオのグローバル・ディストリビューション担当SVPであるジャレッド・ギージーは、「興行史上、第2週目の週末興行収入がオープニング週末興行収入の35%増を記録した映画は10本しかありません。そのすべてがクリスマスにこのマイルストーンを達成した。エンジェル・スタジオは、『SOUND OF FREEDOM』で夏の大ヒット・シーズンにこの偉業を達成した唯一のスタジオです」とエンジェル・スタジオの劇場配給責任者であるブランドン・パーディは付け加えた。

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00