Home 政治トランプ大統領 人権派弁護士、トランプ大統領がジャック・スミス特別検察官の「機密文書」審問を終わらせる申し立てをする可能性

人権派弁護士、トランプ大統領がジャック・スミス特別検察官の「機密文書」審問を終わらせる申し立てをする可能性

by Jack World News

ある著名な人権派弁護士によれば、トランプ大統領はジャック・スミス特別検察官に対して、「ゲーム・オーバー」と呼ぶ申し立てを行うエースを持っているという。

フォックス・ニュースが報じたように、レオ・テレルは日曜夜の「ライフ、リバティー、レヴィン」で、マール・ア・ラーゴ家宅捜索事件におけるトランプの弁護人は、機密文書を誤って扱ったとされる(扱っていない)トランプに対するジャック・スミス特別弁護人の審問を終わらせることができると信じている、一つの申し立てを提出することができると説明した。

この動きには大統領記録法(PRA)が絡んでいる。Fox Newsが指摘するように、大統領記録法は大統領が在任中の記録を「保管・管理」することを認めている。さらに、大統領はPRAのもと、所有するすべての文書の機密指定を解除する法的権限を完全に有している。

テレルは司会者のマーク・レヴィンに対し、トランプがVRAに基づく権限を理由に申し立てを行えば、スミス氏のチームは完全に無力になると語った。

これはゲームオーバーだ。これは、トランプ大統領の弁護団が最初に提出できる最も重要な申し立てだ。

トランプ大統領には、自身が保管、管理、所有しているあらゆる文書の機密指定を解除する絶対的な権利がある。それに対して検察側は何の反応も反論も示していない。その理由を教えよう: 彼らにはそれができないからだ。

引用:FOX最新の動画みる(英語)

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00