Home 政治ホワイトハウス ダン・ボンジーノ氏、シークレットサービスは西翼にコカインを置いた “正確な “人物を知っている可能性が高いと発言

ダン・ボンジーノ氏、シークレットサービスは西翼にコカインを置いた “正確な “人物を知っている可能性が高いと発言

by Jack World News

誰が西翼にコカインを残したのかという謎について、シークレット・サービスの一部メンバーは、捜査当局が「それが誰なのか正確に知っている」可能性が高い調査の突然の終了に「激怒」していると、元捜査官のダン・ボンジーノ氏が語った。

このやりとりをツイッターに投稿したデイリー・シグナルのメアリー・マーガレット・オロハン記者とのインタビューで、ボンジーノ氏は「このコカインを置いていった可能性のある人物は、おそらく200人もいない」と主張した。

元諜報員は、コカインが「ビニール袋に入っており、無孔質で、つまり潜伏指紋を取るのはそれほど難しくないだろう」と指摘した。”彼らは犯人を知っているはずだ “と彼は主張した。「問題は、誰が犯人を突き止めないように圧力をかけているのか、ということだ。そして、それはこのホワイトハウスから来るに違いない。ひどい話だ!」

ボンジーノ氏はバイデン政権にこう嘆願した: 「FBIのようにこの機関を潰さないでくれ。FBIのようにこの機関を破壊しないでほしい。」

「退職したシークレットサービスの元同僚の多くは、この件に関して絶対に激怒している。」

「私は50通のメール、通信、テキストを受け取った。これは恥ずかしい、屈辱的だ』と。バラク・オバマ前大統領やジョージ・W・ブッシュ前大統領のために働いた人たちだ。これは恥ずかしいことだ。

ジョー・バイデン大統領の息子であるハンターのものだと言われていることを知られたくないのだろうか?と質問されたボンジーノ氏は、「問題は、それがハンターなのか、彼の友人の一人なのかということだ」と答えた。

「私は12年間シークレットサービスにいました。」

” オッカムの剃刀 “によれば、”推理のプロセス”、”バカバカしいが単純にしておけってこと”、”オッカムの剃刀 だ”。コカインが見つかっていない男がいる。コカイン中毒で有名な男が彼はホワイトハウスに住んでいる。彼は金曜日にそこにいる。日曜日にコカインが見つかり、誰もがこう思った、これ、、、、、!、、、これは誰のだろう?・・・・・・。

補足※オッカムの剃刀(オッカムのかみそり、英: Occam’s razor、Ockham’s razor)とは、「ある事柄を説明するためには、必要以上に多くを仮定するべきでない」とする指針。14世紀の哲学者・神学者のオッカムが多用したことで有名になった。ーWikipediaより

引用:NEWSMAX

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00