Home 経済アメリカ経済 タッカー・カールソン、保守系マーケットプレイス「パブリック・スクエア」と100万ドル以上の広告契約を締結

タッカー・カールソン、保守系マーケットプレイス「パブリック・スクエア」と100万ドル以上の広告契約を締結

by Jack World News

タッカー・カールソンが、保守的な “プロライフ、プロファミリー、プロフリーダム・マーケットプレイス “であるパブリック・スクエア(Public Square)と広告契約を結んだと報じられた。

パブリック・スクエアは、バドライトの広報担当者ディラン・マルバニーに対するボイコットを受け、この1ヶ月で利用者数を2倍に増加させた。この契約のニュースは、パブリック・スクエア(PublicSq.)

Yahoo Financeが伝えた:
アンチ・ウオーク市場のパブリック・スクエア(PublicSq.)は、タッカー・カールソンの新しいツイッター番組と広告契約を結んだ。

コロンビエ・アクイジション・コーポレーション(NYSE: CLBR)と合併するPublicSqは、カールソン氏の番組と7桁の契約に達したと、この件に詳しい関係者がIPO Edgeに確認した。CNBCが最初に報じた。

この契約は、開始数週間で膨大な視聴者を集めたカールソン氏の番組にとっては初めてのことのようだ。カールソン氏は、同局のトップ番組「タッカー・カールソン・トゥナイト」の司会を長年務めた後、フォックス社傘下のフォックス・ニュースを去った。

PublicSq.は先週、IPO Edgeのファイヤーサイドチャットに参加し、同社のビジネスモデルとCLBRとの株式公開取引について1時間のインタビューを行った。同社は1年前の設立以来、数万の加盟店と100万人近いアクティブ顧客を獲得している。

デイリー・メール紙が報じた:
タッカー・カールソンは、新しいメディア・ベンチャーを立ち上げようとしている中、オンライン保守系マーケットプレイスと100万ドル以上の広告契約を結んだ。

この契約により、カールソンは、オンライン・マーケットプレイスの上場後、来月から自身のツイッター番組でPublicSqのコマーシャルを放映し始める。

この契約は、カールソンにとって、昨年7750万ドルの広告収入をもたらしたFOXニュースから4月に突然解雇されて以来、初めてのコマーシャル契約となる。

彼は現在、自身のメディア帝国を築き上げることを計画しており、今月PublicSqを上場させる予定の白紙委任会社の取締役会最高責任者であるオミード・マリクも、自身の個人投資会社1789キャピタルを通じて、カールソンのベンチャーに7、8桁の投資を計画している。

しかし、カールソンは、年俸2000万ドルの契約には2024年の選挙後までの競業避止条項が含まれているとして、元雇用主からの法的措置に直面し続けている。

それでも、タッカー・カールソンは、法的措置に直面しているとは思えない動きをし始めた。今後、TV業界で最も影響力のあるといわれている男が動き出したことで、目を離せない。

すでに、2日前のアイオワ州で行われた公開カンファレンス(トランプ大統領は不参加)で、2024年共和党大統領候補者たちに対して、大きな影響があることを立証して見せた。タッカーが意表の付く質問を浴びせ、タッカーの手の平で候補者全員が転がされた。

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00