Home 生活コロナウィルス ニューヨーク・タイムズ紙とCDC、Covid-19による死者数の過大とパンデミックの誇張を認める

ニューヨーク・タイムズ紙とCDC、Covid-19による死者数の過大とパンデミックの誇張を認める

by Jack World News

ニューヨーク・タイムズ紙は、COVIDによる死亡者数および感染者数が、死亡の根本的な原因ではなかったにもかかわらず、死亡時にウイルスに感染していた可能性のある人々を含めて、おそらく誇張されていたことを認めた。パンデミック(世界的大流行)」という考えを一般大衆に押し付け、健康な若者にテストもされていない実験的な予防注射を受けさせようとしてきた数年後のことである。

CDCのCovid・ウェブページによれば、ここ数週間、コビッド・ウイルスは毎日約80人を死亡させており、これは1日の死亡者数の約1%に相当するという。

CDCの追加データによれば、コビッドが死因ではないが、コビッドによる死亡として集計された人は、公式に報告された最近のコビッドによる死亡の3分の1近くを占めている。同様の結果は、Clinical Infectious Diseases(臨床感染症)誌に掲載された研究でも得られている。

以下は、NYTの記事に掲載された告白のスクリーンショットである:

引用: NYTCDCSTUDY RESULTS

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00