Home 政治1月6日米議事堂暴動 トランプ大統領、「錯乱した」特別検察官に1月6日の捜査対象だと言われたと語る

トランプ大統領、「錯乱した」特別検察官に1月6日の捜査対象だと言われたと語る

by Jack World News

ドナルド・トランプ前大統領は日曜日、ジャック・スミス特別検察官から、自分は1月6日の捜査対象であり、4日以内に大陪審に出廷しなければならないと告げられたと発表した。トランプ氏は、大陪審への出廷は、彼が捜査で起訴される可能性が高いことを意味すると述べた。

「ジョー・バイデンの司法省の検事である狂気のジャック・スミスは、私が1月6日の大陪審捜査のターゲットであり、大陪審に報告するための非常に短い4日間を私に与え、それはほとんど常に逮捕と起訴を意味するとの書簡を送ってきた。

「私がトランプ・タワーのエスカレーターを降りた日以来、これは終わりのない戦いだった」とトランプ氏は続けた。

「不正行為者に対して目を向けるのではなく、武器で武装した司法省とFBIは、不正行為者や 大規模な詐欺が行われたことを訴える人々を標的にし、嫌がらせをしている……これらはすべて、私がアメリカ国民のために戦うのを止めるためにでっち上げられたデマや詐欺だ。

「この魔女狩りは、選挙への介入と、法執行機関の完全かつ完全な政治的武器化に関するものだ!わが国にとって、非常に悲しく暗い時代だ!”

スミス特別検察官による1月6日の調査は、2020年の選挙を覆そうとするトランプ氏の取り組みが中心となっている。スミス氏はすでに、国立公文書館が返却を求めた文書に関連する約二十件の犯罪でトランプを刑事告発しており、それが2024年の資金集めに拍車をかけた。

連邦選挙委員会によると、トランプ陣営は2024年の大統領候補の中でトップで、選挙期間中の手持ち資金は2,252万ドルに上る。

トランプ前大統領は、ジョージア州での敗北を覆そうとした疑いで、ジョージア州検察官の捜査を受けている。

引用:breitbart

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00