Home 政治トランプ大統領 トランプ大統領、1月6日のゴミ捜査の対象であることを発表。大陪審での証言に4日間の猶予を与えられる

トランプ大統領、1月6日のゴミ捜査の対象であることを発表。大陪審での証言に4日間の猶予を与えられる

by Jack World News

バイデン政権とジャック・スミスによる即時起訴に備える

念のために言っておく。バイデン司法省は今週、プラウド・ボーイズとオース・キーパーズのリーダーを含む1月6日のトップ被告数人の刑期に、さらに何年も上乗せしたいと発表した。

司法省は、オース・キーパーズの創設者であるスチュワート・ローズが、1月6日に連邦議会議事堂の外に立ち、メンバーに武器をホテルの部屋に置いてくるように言ったことで、彼が75歳になるまで収監されることを望んでいる。彼らは武器を持たず、ほんの一握りのメンバーだけが、警察を助けるために国会議事堂に入っただけであるにもかからわず、バイデン政権は彼らが反乱を企てていたと主張している。

スチュワート・ローズの弁護士は月曜日、『ゲートウェイ・パンディット』誌に、司法省はまるでオース・キーパーズの話をニュースにし続けたいかのようだと語った。悪党どもは政治が第一だ。絶対的な権力への道を歩むために、自分たちが台無しにする人々の命など何とも思っていないのだ。

バイデン政権はトランプと、専制政治からアメリカを救おうとする民衆運動を破壊しようとしている。

中央銀行が金を備蓄するなか、キリスト教企業はアメリカ人が “退職バブル “に先んじるのをサポートする。

火曜日の朝、トランプ大統領は、バイデン司法省がゴミのような容疑で彼を逮捕しようとする試みの最新版について声明を発表した。

デイリー・メール紙が以下のように報じた:

ドナルド・トランプは、司法省の1月6日の捜査に関して、ジャック・スミス特別顧問から標的の手紙を受け取ったことを明らかにした。

自身のトゥルース・ソーシャルのアカウントで、トランプ氏は自分が「逮捕と起訴」に直面していると主張し、日曜の夜に受け取った手紙に返答するために4日しか与えられなかったと述べた。

彼は、今週末にワシントンD.C.の連邦裁判所で開かれる大陪審で話す機会を与えられたと述べた。

ジョー・バイデンの司法省の検事である、錯乱したジャック・スミスは、私が1月6日の大陪審の捜査のターゲットであり、大陪審に報告するための、非常に短い4日間が与えられていることを記した手紙を送ってきた(繰り返しますが、日曜日の夜でした!)

スミスは、2020年の大統領選挙結果を覆そうとするトランプ大統領とその側近による試みについて、司法省の捜査を指揮している。

スミスは調査の一環として、資金集め、1月6日の国会議事堂での暴動に先立つトランプ氏の集会、トランプ氏の関係者と激戦州の選挙当局者とのコミュニケーションに関連する証言や文書を調査している。

引用:Washington Examiner

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00