Home 政治不法移民 バイデン氏、仮釈放の不法移民パイプラインによって50万人以上を米国に解放

バイデン氏、仮釈放の不法移民パイプラインによって50万人以上を米国に解放

by Jack World News

ジョー・バイデン大統領の国土安全保障省(DHS)は、仮釈放パイプラインを通じて50万人以上の外国人不法移民を米国に解放した。

2021年に大統領に就任して数ヵ月後、バイデンは大規模なキャッチ・アンド・リリース・ネットワークの導入を開始し、米国とメキシコの国境を、国境を越える者がしばしば止められ、短期間拘留された後、国内へ解放されるヨーロッパ式の検問所に変えた。

CBSニュースのカミロ・モントーヤ=ガルベスが発表した計算によると、バイデン政権は少なくとも54万1000人の移民をアメリカ国内に解放した。

この数字によると、ラテンアメリカとカリブ海諸国からの移民17万人近く、ウクライナ人16万3千人以上、バイデンの移民モバイルアプリ経由の移民13万3千人、アフガニスタン人7万7千人が、2年足らずの間に仮釈放パイプラインを通じて釈放されたことになる。

しかし、その総数はもっと多いだろう。

移民問題研究センターが4月に算出・発表した事前の推計では、100万人以上の移民がアメリカ国内に釈放されたとされている。これは、フロリダ州ジャクソンビルよりも大きな外国人人口が、バイデン政権によってアメリカ社会にもたらされたことを示している。

アメリカ移民改革連盟(FAIR)の最新の集計によると、バイデン政権下でアメリカ全土の不法滞在外国人は1700万人近くにまで増え、就任以来230万人の不法滞在外国人が増加したという。

引用:breitbart

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00