Home 政治トランプ大統領 トランプ大統領、ベッドミンスターのトランプ・ナショナル・クラブで「サウンド・オブ・フリーダム」の上映会開催

トランプ大統領、ベッドミンスターのトランプ・ナショナル・クラブで「サウンド・オブ・フリーダム」の上映会開催

by Jack World News

トランプ大統領は、エドゥアルド・ヴェラステギ、ジム・カヴィーゼル、ティム・バラードとともに上映会に参加する! ベラステギはこの映画をプロデュース。主演はカヴィーゼル。 そして、この映画はティム・バラードの人生に基づいている。

ニュージャージー州ベッドミンスター – 第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプ大統領は、2023年7月19日にトランプ・ナショナル・ゴルフクラブ・ベッドミンスターで映画『サウンド・オブ・フリーダム』の上映会を開催する。上映会にはクラブ会員やサポーターが参加する。

サウンド・オブ・フリーダム』は公開初週に4,170万ドルの興行収入を記録し、テキサス、フロリダ、アリゾナの映画館で1位を獲得した。同作品は全米に旋風を巻き起こし、7月4日の映画チケット売上では、公開館数がはるかに少ないにもかかわらず、ディズニーの『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』を抑え、この日の興行収入第1位を獲得した。驚異の大ヒット映画になっている。今週末には予想で1億㌦(日本円で約140億円)を超えるとの予測もされている。エンジェル・スタジオが配給するこの映画は、メキシコ人映画監督エドゥアルド・ヴェラステギが製作し、ジム・カヴィーゼルが主演している。

『トランプ・キャンペーン』より

この映画は、連邦捜査官ティム・バラードがコロンビアの児童性的人身売買組織から子どもたちを救うというミッションを遂行した実話に基づいている。ニューヨーク・タイムズ』、『ロサンゼルス・タイムズ』、『ハリウッド・レポーター』などのリベラル系メディアはこの映画の批評を拒否し、『ローリング・ストーン』『ワシントン・ポスト』、『CNN』、『ガーディアン』などの出版物はこの映画を酷評し、上映チケットを購入した何百万人もの映画ファンを馬鹿にしている。

トランプ大統領は就任後1カ月で、人身売買をなくすために「政府の総力を挙げて取り組む用意がある」と述べ、強制労働、性的人身売買、児童搾取の背後にある犯罪組織を優先的に解体するよう連邦法執行機関に指示する大統領令に署名した。

トランプ大統領のリーダーシップにより、2017年の人身売買の有罪判決は前年比で14%増加した。2017年、トランプ大統領の国家情報長官は、人身売買問題をアメリカの情報機関の最優先事項に引き上げた。2018年、トランプ大統領は、人身売買を監視し闘うための大統領省庁間タスクフォースに参加した最初の大統領として歴史を刻んだ。

ドナルド・J・トランプは大統領として、人身売買をなくし、罪のない人々を保護するための歴史的な措置をとった。2020年1月、トランプ大統領は人身売買被害者保護法の施行20周年を記念し、「米国における人身売買およびオンライン児童搾取の撲滅に関する大統領令」に署名し、人身売買撲滅に特化した史上初のホワイトハウス役職を設置した。

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00