Home 生活コロナウィルス CDCの報告書は、COVIDの閉鎖に起因する子供たちの発達障害の大幅な増加を明らかにした。

CDCの報告書は、COVIDの閉鎖に起因する子供たちの発達障害の大幅な増加を明らかにした。

by Jack World News

CDCからの報告書によると、COVIDパンデミックの中、子供たちの発達障害診断が17%増加していることが明らかになった。

https://www.dailymail.co.uk/health/article-12295645/The-face-mask-effect-Dyslexia-speech-disorders-affect-nearly-one-10-kids-CDC-report-warns.html

増加傾向にあるとされる疾患は、注意欠陥多動性障害、自閉症、脳性麻痺、失読症などである。


2019年から2021年にかけて発達障害の診断が7.4%から8.5%に増加したことがデータから明らかになった。

CDCが継続的に行っている国民健康調査(National Health Interview Survey)によると、自閉症と診断される確率は女子に比べて男子の方が3倍高かった。女児ではわずか1.5パーセントであったのに対し、男児では4.7パーセントであった。

CDCの調査では、ロックダウンの赤ちゃんができる可能性が低かった、立つこと、指差し、レンガの積み上げなど、10の発達のマイルストーンについて親に尋ねている。

 

 

このような違憲思想が日常生活に浸透することを許したすべての立法府に謝罪が必要だ。場合によっては、子どもたちに取り返しのつかないダメージを与えたのだ。私たちが罪を認めるだけでなく、彼らにも責任がある。

CDCは、乳幼児のCOVIDワクチン接種がこれらの発達障害と関係があるかどうかについてのデータを持ち合わせていない。

引用:https://www.naturalnews.com/2023-07-19-cdc-report-increase-developmental-disabilities-children-lockdown.html

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00