Home 政治トランプ大統領 キャノン判事、機密文書事件における初の重大命令でジャック・スミス特別顧問を打ちのめす

キャノン判事、機密文書事件における初の重大命令でジャック・スミス特別顧問を打ちのめす

by Jack World News

アイリーン・キャノン判事は今週、ジャック・スミス特別顧問を打ちのめし、機密文書共有のスピードアップを求める彼の要求を却下した。

ジャック・スミスは月曜日、「さらなる遅延を避ける」ために、機密文書事件の今週の審理を前に機密保護命令を求めた。

ジャック・スミスの検察側は、トランプがこの事件に関連する機密文書にアクセスすることを制限するよう裁判所に求めた。

トランプ大統領が任命したキャノン判事は、ジャック・スミスのこの申し立てを却下した。

ニューヨーク・ポスト紙が以下の通り報じた:

連邦判事は、ドナルド・トランプ前大統領の機密文書不正取り扱い疑惑で起訴した検察側に敗北をもたらし、弁護側との証拠共有のスピードアップを求めた火曜日の要求を却下した。

アイリーン・キャノン判事は、特別弁護人ジャック・スミスの、機密証拠開示の保護命令に関するトランプ氏の弁護団からの回答を強制する申し立てを却下した。

ジェイ・ブラット、デビッド・ハーバック、ジュリー・エーデルスタインの各検察官は、クリストファー・キセ、トッド・ブランチ、そして元大統領の付き人ウォルト・ナウタの弁護を務めるスタンリー・ウッドワードの各トランプ側弁護士と法廷で対峙した。

ジャック・スミス特別顧問は最近、マイアミでトランプ氏を37の連邦訴因で起訴した。

トランプ氏は、弁護士との会話に起因する31件の国家防衛情報の故意の保持と6件の他の手続きの犯罪で起訴された。

マール・ア・ラーゴでの側近であるウォルト・ナウタは、トランプ大統領とともに共謀者として起訴された。

キャノン判事は公判期日を8月14日に設定したが、トランプ大統領の弁護団は公判の無期限延期を求めた。

司法省の弁護団は木曜日、トランプ大統領の弁護団を押し返す動議を提出し、2023年12月11日に陪審員選定を進めるよう判事に要請した。

引用:Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00