Home 政治トランプ大統領 クリントンが任命した判事、E・ジーン・キャロル事件でトランプ氏の再審請求を棄却

クリントンが任命した判事、E・ジーン・キャロル事件でトランプ氏の再審請求を棄却

by Jack World News

クリントン氏が任命したルイス・カプラン判事は、E・ジーン・キャロル名誉毀損事件におけるトランプ大統領の再審請求を却下した。

CNNが以下の通り報じた:

連邦判事は、E.ジーン・キャロル事件におけるドナルド・トランプ大統領の再審請求を却下した。元大統領がキャロル氏を性的虐待し、名誉を毀損したと判断した陪審員は、”重大な誤謬 “に至らなかったと判断した。

ルイス・カプラン判事は、「この事件の陪審員は、”重大な誤りのある結果 “には達していない。その評決は “司法の誤謬 “ではない」。

トランプ氏は、雑誌コラムニストのE・ジーン・キャロルに陪審団が500万ドルの損害賠償を認めた後、再審を求めていた。

裁判所が再審または評決額の減額を求めるトランプの申し立てを却下した今、E・ジーン・キャロルは、キャロルIIで陪審員が彼女に与えた500万ドルの損害賠償金を受け取ることを楽しみにしている。また、「2024年1月15日に始まる予定のキャロルIの裁判で、トランプが彼女にしたことの責任を引き続き問うことを楽しみにしています」とキャロルの代理人弁護士ロベルタ・カプランは語った。

司法省は今月初め、方針を転換し、E・ジーン・キャロルの名誉毀損訴訟でトランプは個人責任を問われる可能性があると述べた。

これは、E.ジーン・キャロルに関する発言をしたとき、トランプは大統領であったため、ウェストフォール法によって保護されているという司法省の立場からの逆転である。

2019年、E・ジーン・キャロルは1990年代にドナルド・トランプにバーグドルフ・グッドマンの楽屋でレイプされたと主張した。

トランプ氏はこの疑惑を否定し、E・ジーン・キャロルを “私のタイプではない “と “ホラ吹き “と呼んだ。

5月、陪審はトランプがキャロルを性的虐待し、名誉を毀損したと認定し、500万ドルの損害賠償を支払うよう命じた。

トランプ氏はE・ジーンを非難した。評決の数週間後、CNNのタウンホールでキャロルを非難した。

「女性が誰かと出会って、それを連れ出して、数分もしないうちに楽屋でHなことをしているんだ?」トランプは、この告発は「フェイク」で「でっち上げ」の話だと付け加えた。

E. ジーン・キャロルは再びトランプを追及し、陪審員はすでにトランプが女性をレイプしていないと結論づけているにもかかわらず、CNNのタウンホールでの発言をめぐって新たに多額の損害賠償を求めた!

キャロルの弁護士ロベルタ・カプラン(ルイス・カプラン判事とは無関係)は、司法省の逆転を歓呼し、最新の訴訟が裁判に至るための最後の障害のひとつだと述べた。

引用:Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00