CDCデータ、コロナワクチン接種が癌とエイズ関連疾患を338倍増加させたことを示唆

エイズはHIVウイルスだけが原因であるというのは一般的な誤解である。後天性免疫不全症は、体をいくつかの病気や感染症の標的にしやすくします。がんや栄養失調も二次性免疫不全症を引き起こす可能性があります。
出典
https://www.webmd.com/hiv-aids/what-to-know-secondary-immunodeficiency-disorders

つまり、予防接種や投薬がこれらの障害を引き起こす可能性を示唆するのは妥当なことであり、CDCのデータによれば、mRNA COVIDワクチン接種もそのリストに含まれるはずである。

英国とカナダのデータでは、COVIDワクチン接種者が新しい型のエイズを発症していることが強く示唆されている。
出典
https://www.gov.uk/government/publications/covid-19-vaccine-weekly-surveillance-reports

Exoposèは、英国から提供されたデータからCOVIDワクチンの有効性について完全な調査を行った: https://expose-news.com/2022/04/17/gov-refuses-publish-vaccinated-suffering-ai-ds-ade/

このデータは必ずしも後天性免疫不全症候群に関連する苦しみを裏付けるものではないが、CDCのデータはこれを示唆している。

VAERS有害事象データベース全文はこちら:
https://wonder.cdc.gov/vaers.html

VAERS有害事象データベースの全文はこちら:
https://expose-news.com/2023/07/20/cdc-338x-increase-cancer-covid-vaccine/

当初、CDCや製薬会社が全世界や各国政府へ説明していた内容とは明らかに違うことだということはデータが示している。

もちろん、MSMはCOVID注射の副反応を全て報道するわけではない。なので、自分でデータを見てしっかりとじっくりと判断や決断をすることをお勧めする。

Related posts

アンソニー・ファウチ、COVIDガイドラインの背後にある証拠についてついに真実を認める

ファウチ、2日目の面談で義務化と研究室流出仮説について議論、米共和党が発表

メアリー・タリー・ボウデン博士、イベルメクチンがCOVIDジャブによるダメージの克服に役立っていると語る