Home Techインターネット ツイッター、極左の上院議員に法的措置へ

ツイッター、極左の上院議員に法的措置へ

by Jack World News

億万長者イーロン・マスクが率いるツイッターは、エリザベス・ウォーレン上院議員に対して召喚状を発行する計画を明らかにし、連邦取引委員会(FTC)との対立を激化させている。この動きは、以前FTCと和解したデータ漏洩に関する同意合意を取り消すというツイッター社の狙いと一致する。

同社は木曜日、FTCに対する偏見と過剰な拡張の告発に関連する法的文書で、召喚状の申請を公開した。ツイッター社は、マスク氏の買収後、FTCの調査の強度とアプローチが劇的に変化したと主張している。

ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)は、ツイッターのプライバシー規制に断固反対しており、特にマスク買収後に採用された大幅な人員削減と緊縮策を考慮し、ツイッターの行動を調査するようFTCに助言したことがある。今回の召喚状は、ウォーレン氏の事務所とFTC、およびウォーレン氏の事務所と証券取引委員会(SEC)の間の通信を開示することを目的としている。

さらに召喚状には、ウォーレンが7月17日にSECのゲーリー・ゲンスラー委員長に送ったとされる、イーロン・マスクに関する書簡についての文書ややりとりも含まれている。この書簡では、マスクがツイッターとテスラのCEOを兼任していることについて、テスラとその取締役会が管理を怠っているとして調査を求めていた。

ツイッター社が政府同意協定の廃止に取り組む中、ウォーレン氏を召喚する決定が下された。同意協定は、ツイッターの2度のデータ流出事件を受けて2011年に制定されたもので、同社がプライバシー保護についてユーザーに誤解を与えないようにするためのものだった。ツイッター社は昨年、FTCおよび司法省との和解で1億5000万ドルを支払うことに同意し、ターゲット広告のために個人ユーザー情報が悪用された疑惑を解決した。

ロイター通信によると、FTCは召喚状についてコメントせず、ウォーレン上院議員の事務所とSECはまだ回答を出していない。マスクの時代から続く企業文化として、ツイッター社はコメント要求に対してウンチの絵文字で返信した。

今回のツイッターの行動は、FTCとの対立を大幅にステップアップさせるものと見られている。ツイッターとマスクの両方を声高に批判するウォーレン上院議員への召喚状は、企業規制の強化を主張する人々への直接的な挑戦状を意味する。

さらにこの召喚状は、マスク氏がツイッターとテスラの両方でCEOを兼任していることへの不安が高まる中で浮上した。ウォーレン上院議員がSECに送った書簡は、召喚状の中心となるもので、潜在的な利益相反と、テスラの取締役会がマスクの二重の役割を管理することを怠った疑惑について調査するよう求めている。このことは、ツイッターとFTCとのいざこざが、マスクの他の起業活動に影響を与える可能性を示唆している。

もしツイッターがFTCとの同意命令の解除に成功すれば、同じような規制当局の監視下にある他のテック企業の前例となる可能性がある。逆に、FTCが同意命令を維持することに成功した場合、テック企業に対する規制環境が今後より厳しくなることを示す可能性がある。

引用:Trending Politics

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00