Home 生活コロナウィルス ランド・ポールは、ファウチが宣誓の下で嘘をついたとして司法省に訴追するよう勧告されたと述べた。

ランド・ポールは、ファウチが宣誓の下で嘘をついたとして司法省に訴追するよう勧告されたと述べた。

by Jack World News

ブライトバート・ニュースによると、ランド・ポール上院議員は、国立アレルギー・感染症研究所の前所長が議会での証言で嘘をついたとして、アンソニー・ファウチ博士を訴追するよう勧告した。

ポールは2020年、ファウチのことを “利害関係のない公衆衛生上の人物 “だと考えていたため、当初は疑惑の目を向けていたと主張した。

しかし、ホワイトハウスの元医学顧問と交流を深めるうちに、彼はコロナウイルス発生への最初の対応を隠そうとした “不誠実な “人物だという結論に達した。

今週、ファウチのことを紹介し、2020年初頭の電話を要約した電子メールという形で、彼は新たな証拠を挙げた。

「パンデミックについて調べ始めたばかりの頃だ。そのメールの中で彼は、『武漢の研究室から来たウイルスなので、操作されたウイルスではないかと疑っている。

「これは、委員会の公聴会で彼が私に言ったこととまったく矛盾している。

「だからこそ、我々は今週、議会に対する嘘の告発のため、彼を再び司法省に照会することにしたのだ」とポールは明かした。

ケンタッキー州選出の同議員は、6人の著名な世界的ウイルス学者とアンソニー・ファウチが電子メールをやり取りしていたことを証拠として挙げた。

「世界中のウイルス学者が言っています。‐彼らはCOVID-19の遺伝子配列を見ていて、まるで研究室で操作されたかのような、目を見張るような異常な特徴があることを発見した。

そして、彼の親しい仲間であるこの親しいウイルス学者たちは、自然界には存在しないウイルスを実験的に作り出すという機能獲得研究の提案者であった。- 彼らは皆、それは操作的に見えると彼に言った。
そして、2020年2月1日にそのことについて電話で話し合った。と彼は説明した。

「彼(ファウチ)は、その約1日後の電話の内容を要約し、電子メールにまとめている、
しかし、情報公開法(FOIA)を通して、また下院の関与を通して、召喚状の脅しによってようやく入手することができました」とポールは説明し、これらは彼が2年間公表しようとしてきたものだと付け加えた。

メールの中で、ファウチは電話の内容を要約し、「彼自身も含めて、これらすべてのウイルス学者が心配していることを述べている。- 彼はウイルス学者ではないが、彼にも心配事があり、操作されているように見えると心配している。

「武漢で機能研究が行われていることは知っていますし、彼はその研究について説明しています。

議員たちは、ファウチがこの研究を支持していたという証拠と、ファウチがこの研究を認識していたという証拠を持っている。
対照的に、ファウチは議会で、ファウチが機能獲得研究に資金を提供したことはないと断言した。

2021年11月の公聴会
ポールはファウチに対して、ファウチが機能獲得の定義を本質的に変えることで、どのようにごまかしを隠そうとしたかについて質問した。

ポールは、国立衛生研究所(NIH)がファウチの “尻ぬぐい “をするために定義を変えたと主張した。

「NIHは問題の定義を変えようとした。もうひとつは、ヒトウイルスである場合のみ、機能獲得研究としてカウントされるということです」
ポールは、「コウモリのウイルスをヒト化した細胞を使ってマウスでテストすることに問題がある。」と述べた。

引用:Breitbart

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00