Home 社会事件・事故・犯罪 下院司法委員会でバイデンがオリガルヒに支払いを強要していたことを示すFBI文書を公開!米最大汚職事件だ

下院司法委員会でバイデンがオリガルヒに支払いを強要していたことを示すFBI文書を公開!米最大汚職事件だ

by Jack World News

チャック・グラスリー上院議員は木曜日、ジョー・バイデンがBurisma(ブリスマ)のミコラ・ズロチェフスキーCEOと1000万ドルの贈収賄計画に関与していたことを示すFBIの文書を公開した。

FD-1023フォームは、ジョー・バイデン副大統領(当時)が、ウクライナのオリガルヒであるズロチェフスキーに、自分と息子のハンター・バイデンに合計1000万ドルを支払うよう強制したと主張している。

この文書によると、バイデン氏の贈収賄の取り決めは「ポルチリ」と表現されており、これはロシアの犯罪スラングで「支払いを強制された、強要された」という意味である。

FD-1023による:

FBIの極秘人的情報源によると、ウクライナのガス会社であるブリズマの幹部は、ハンター・バイデンを取締役に招き、”彼の父親を通して、あらゆる問題から我々を守る “ようにさせた。

当時、ブリスマは米国でのビジネスを模索していたが、当時のウクライナ検事総長ヴィクトル・ショーキン氏が率いるウクライナの汚職捜査に直面していた。その捜査が北米での事業に与える影響について、BurismaのCEOであるミコラ・ズロチェフスキーは、”心配しないで、ハンターは彼の父親を通じてそれらの問題をすべて解決してくれる “と語ったと伝えられている。

ズロチェフスキーは、ハンター・バイデンに500万ドル、ジョー・バイデンに500万ドルを支払わなければならないと述べたと報じられている。この取り決めを彼は「ポルチリ(poluchili)」と表現したが、これはロシアの犯罪スラングで「支払いを強制された、強要された」という意味である。

また、この文書によると、ズロチェフスキーは、ウクライナの検事総長ヴィクトル・ショーキン氏を確実に解雇するために、バイデン一家に支払うよう強制されたことを示すテキストメッセージや録音が多数あると主張している。

写真:ビクトル・ショーキン氏

ズロチェフスキーはまた、この取り決めの証拠として、おそらく財務記録と思われる2つの書類を保管していた。

FD-1023による:
ズロチェフスキーは、ショーキンを確実に解雇するためにビデンに金を払うよう強要されたことを示す多くのテキストメッセージと録音を持っていると主張した。具体的には、ジョー・バイデンとの2つの録音とハンター・バイデンとの15の録音があると主張した。

ズロチェフスキーはまた、取り決めの証拠として、おそらく財務記録と思われる2つの書類を保管しているが、ジョー・バイデンを指すと理解される言葉である「ビッグ・ガイ」に直接資金を送金していないと述べた。

この「ビッグ・ガイ」という言葉は、ジョー・バイデンのことを指していると理解されている。

文書によると、ズロチェフスキーは、バイデン家への不正な支払いを捜査当局が明らかにするには10年はかかると主張していた。

Read the unclassified FD-1023 forms here:

Page 1 of the unclassified FBI document

Page 3 FD-1023 form

Page 3 FD-1023 form

ジョー・バイデンは、ウクライナに10億ドルの賄賂を贈って、ウクライナの検事総長でブリスマの汚職を捜査していたビクトル・ショーキン氏をクビにしたことを公に自慢している動画だ。

私は「私はこう言った: 私は6時間後に出発する。検事をクビにしなければ、金は渡さない」あのクソ野郎は……。彼はクビになった」とバイデンは2018年に語った。

証拠動画を見る↓

引用:thegatewaypundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00