Home 政治トランプ大統領 バイデン政権がトランプ氏を起訴する「本当の理由」が明らかに

バイデン政権がトランプ氏を起訴する「本当の理由」が明らかに

by Jack World News

今週オンラインに掲載された新しいコラムは、ドナルド・トランプ前大統領が、彼の主要な政治的ライバルであるジョー・バイデン大統領の政権によって起こされた連邦告発に直面している理由と、それらの告発の背後にある戦略についての説明を提供している。

「ドナルド・トランプ前大統領は火曜日、トゥルース・ソーシャルでの発表で、ワシントンに拠点を置く大陪審による捜査の対象であることを知らされたことを明らかにした。捜査の中心は、1月6日の議事堂突入事件と、その日の出来事におけるトランプの役割である」と、水曜日にThe Western Journalのレイチェル・エマニュエルは書いている。

「この捜査のタイミングは偶然ではない。Axiosによれば、この騒動から2年が経ち、1000人以上が様々な罪に問われているが、トランプは問われていない。では、なぜ今なのか」と彼女はさらに指摘し、今、前大統領を起訴する「本当の理由」は、憲法を利用して、彼が二度と大統領執務室、あるいは選挙で選ばれた役職に座れないようにするためだと考えていると付け加えた。

エマニュエルは、「2024年の選挙でトランプ元大統領を投票対象から外すための必死の選挙戦略」として、憲法修正第14条の第3項を利用する計画だと指摘する。

彼女は憲法のその条項にはこう書かれていると指摘する:
何人も、議会の上院議員もしくは下院議員、大統領および副大統領の選挙人、または合衆国もしくはいかなる州の下でも、民事上もしくは軍事上のいかなる役職にも就くことはできない。また、議会の議員として、合衆国の役員として、州議会の議員として、またはいずれかの州の行政官もしくは司法官として、合衆国憲法を支持する宣誓をしたことのある者であっても、合衆国憲法に対する反乱もしくは反乱に従事し、または合衆国憲法の敵に対して援助もしくは慰安を与えてはならない。しかし、議会は、各議院の3分の2の投票によって、このような制約を剥奪することができる。

エマニュエルはさらに、少なくとも5つの州でトランプを投票対象から外そうとする2組の左翼団体、ミ・ファミリア・ヴォータとフリー・スピーチ・フォー・ピープルによる取り組みがすでに進行中であることを指摘する。彼らは、2021年1月6日に連邦議会議事堂で起きた暴動を “暴動 “とみなし、その責任をトランプ氏に負わせた上で、トランプ氏の排除はいわゆる「暴動者失格条項」に基づくべきだと主張している。

民主党はまた、南北戦争後に可決され、南軍の元指導者が米国内で役職に就くことを禁じることを意図したこの条項が、トランプの行動にも適用されると主張している。彼らは、トランプが「反乱を煽動」しようとしたため、憲法修正第14条の下で役職に就くことを禁じられる資格があると言う。

エマニュエルは、トランプがいくつかの世論調査でバイデンを追い抜き始めた今、この取り組みが本当に活発化していることを強調している。「そして7月に突然、ジャック・スミスは2年前の事件でトランプを標的にすることを決めた」と彼女は書いた。

保守派のポッドキャスターで活動家のベニー・ジョンソンは、エマニュエルの読みは正しいと考えている。彼は火曜日にこうツイートした

「司法省がJ6の “暴動 “でトランプを起訴したのには理由がある。その理由とは、憲法修正第14条だ。憲法修正第14条は、合衆国に対する暴動や反乱を起こした者は連邦政府の役職に就くことができないと定めている。これがこの冤罪の原因だ」

また、最初の弾劾の際に下院司法委員会の特別顧問を務めた民主党の工作員で、バラク・オバマ大統領の元特別補佐官でもあるノーム・アイゼンは、11月のツイートでこのことを漏らしている

「おい、トランプ。考え直せ。憲法修正第14条は君を禁じている」

引用:Conservative Brief

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00