Home 政治アメリカ政治 ランド・ポールの事務所が火事で全焼 ファウチ氏の捜査継続を約束した翌日に起こった怪火

ランド・ポールの事務所が火事で全焼 ファウチ氏の捜査継続を約束した翌日に起こった怪火

by Jack World News

新たな報道によると、金曜日の早朝、ケンタッキー州ボウリンググリーンのダウンタウンで火災が発生し、ランド・ポール上院議員の地方事務所が入っていたステート・ストリートの企業が大きな被害を受けた。

出火原因については確認されておらず、ボーリング・グリーン消防局が現在調査を行っている。現在のところ出火原因は不明だ。

Bowling Green Daily News紙によると、作業員は午前1時45分頃に現場に到着し、すぐに消火活動を開始した。

懸命の消火活動にもかかわらず、炎は建物を引き裂き、屋根はすぐに崩れ落ち全焼した。

金曜日の朝の映像では、建物からまだ黒い煙が立ち上っていた。

「我々は、ボウリング・グリーンの第一応答者が迅速に現場に到着し、火災を消火してくれたことに感謝している。」ポール議員はデイリー・ニュース紙に対し、次のように述べた。

「私たちには非常に確立された緊急事態管理計画があり、ケンタッキー州民を支援する私たちの仕事に影響を与えることなく、業務を継続する能力があります。」

この火災は、ポール上院議員が、宣誓の下で嘘をついたとしてファウチ氏を司法省へ刑事訴追勧告及び調査するよう照会したと発表した翌日に起こった。

引用:BOWLING GREEN DAILY NEWS

 

 

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00