Home 生活パンデミック In-N-Outバーガー、従業員のマスク着用を禁止

In-N-Outバーガー、従業員のマスク着用を禁止

by Jack World News

ロサンゼルス・タイムズ紙によると、カリフォルニアを拠点とするファストフード・チェーン、イン・アンド・アウト・バーガーは今週、5つの州で働く従業員に対し、医師の診断書がない限り、勤務中のマスク着用を禁止すると発表した。

アリゾナ州、コロラド州、ネバダ州、テキサス州、ユタ州の従業員に同社から送られたメモには、「すべての人の健康と幸福を考慮しつつ、顧客サービスの重要性とアソシエイトの笑顔やその他の顔の特徴を見せる能力を重視した新しいマスクのガイドラインを導入します」と書かれている。

マスクを着用するためには、従業員は「マスク着用を必要とする特定の病状や健康上の懸念」を説明した診断書を会社に提出しなければならない。この診断書には、「免除の理由を明確に記載し、該当する場合は推定期間も記載すること」

この新しい方針は、カリフォルニア州とオレゴン州の従業員には適用されない。

感染症の専門家で作家のジュディ・ストーン博士は、ツイッターでこの方針を批判した: 「ハンバーガーチェーンの@innoutburgerは、少し前の電話で従業員に対するアンチマスク方針を確認した。これは #CDC #Covid recs(勧告)に違反し、#従業員を危険にさらす。」

 

In-N-OutバーガーはCOVID-19のパンデミックの際、同社の健康政策への抵抗をめぐって非難を浴びた。屋内の客にワクチン接種の証明書の提示を求めることを拒否したため、複数の店舗が閉店に追い込まれた。

当時、同社の法務・経営責任者であるアーニー・ウェンシンガーは、”我々はいかなる政府の予防接種警察になることを拒否する”と述べ、In-N-Out Burgerを擁護した。

引用:Newsmax

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00