Home 社会人身売買 トランプ大統領、『サウンド・オブ・フリーダム』鑑賞後、児童売買業者に死刑を与えるよう努力すると発表

トランプ大統領、『サウンド・オブ・フリーダム』鑑賞後、児童売買業者に死刑を与えるよう努力すると発表

by Jack World News

ドナルド・トランプ前大統領は、再選された場合、児童人身売買者に死刑を与えるために働くと発表した。

大ヒット映画『サウンド・オブ・フリーダム』の上映を観たトランプ氏は、この問題について論じたビデオを公開し、人々にこの映画を観るよう促した。

金曜日に公開されたビデオの中でトランプ氏は、ホワイトハウス在任中にこの問題にまつわるいくつかの業績、そして再選されたら何をしたいかについて語った。

「人身売買業者が弱い立場の女性や子どもたちを搾取するために利用しているバイデン国境の悪夢を直ちに終わらせる」とトランプ氏は言った。「国境の安全を完全に確保する。ISISのカリフ制国家を壊滅させたように、カルテルに戦争を仕掛ける」。

トランプ氏は、人身売買された子どもたちを家族のもとに送り返すために努力すると述べた。

「すべての人身売買された子どもたちを遅滞なく母国の家族のもとに返すことで、子どもの人身売買の危機を終わらせるために、私はタイトル42を使う」ともトランプは主張した。「国境を越えて子どもを人身売買して捕まった者には、直ちに死刑を科すよう議会に働きかける」

また、国境を越えて女性を連れてくる人身売買業者に対しては死刑を支持すると述べた。

タイトル42では、大統領は公衆衛生を守るために移民を抑制することができる。

『サウンド・オブ・フリーダム』は890万枚以上のチケットを売り上げ、興行収入は1億ドルを突破した。

「『SOUND of FREEDOM』はみんなの映画となった。エンジェル・ギルドの10万人以上の人々によって選ばれ、私たちの “Pay it Forward “プログラムを通じて、数え切れないほどの何万人もの人々によって後押しされ、この映画を歴史的な成功に導いている一般市民の草の根運動の結果として、興行収入を独占しています」とエンジェル・スタジオのグローバル配給担当SVP、ジャレッド・ギージーは語った。「これは、ハリウッドのゲートキーパーが開発したトップダウンのシステムとは正反対です。私たちは、光を増幅し、文化に影響を与えるストーリーを選び、資金を提供し、共有する一員となる力を人々に与えているのです」

引用:Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00