Home 政治バイデン犯罪一家 ワシントンDC判事、バイデン氏&ガーランド氏によるハンター氏の訴追妨害の記録提出を司法省に命じず

ワシントンDC判事、バイデン氏&ガーランド氏によるハンター氏の訴追妨害の記録提出を司法省に命じず

by Jack World News

3月、ヘリテージ財団は情報公開法(FOIA)を使って、ハンター・バイデンに対する政府の捜査に関する文書を司法省に要求した。 当然のことながら、司法省はこれを拒否した。

そして6月20日、数年にわたる政府の捜査の末、ハンター・バイデンは薄められた複数の罪で起訴された。

その罪状はあまりにも軽く、司法省の腐敗を推測させるものだった。 2023年7月26日、ハンターは「見るべきものは何もない」急展開の起訴で、ふざけた罪状を認めると発表されたからだ。

その6日後、ヘリテージ財団はワシントンD.C.で情報公開訴訟を起こし(そこでは公平な審査が受けられるよう幸運を祈る)、バイデン政権と腐敗したメリック・ガーランド司法長官が起訴を妨害していたことを証明する、ハンター・バイデン捜査に関する重要な記録の開示を司法省に強制するよう裁判所に要求した。 ヘリテージは、ハンターの刑事事件の裁判官が記録を見る必要があると主張し、それによって見せかけの起訴が暴露され、ハンターが第三世界レベルの汚職によって寛大な判決を受けられなくなると主張した。

予想通り、極左連邦判事のダブニー・フリードリッチはヘリテージの要求を却下した。 判事は、司法省は1月6日の暴動に関する記録要求に対応することで手一杯であるため、記録の提出を求めることはできないと説明した。そう、まるで1月6日に関連する司法省からの文書が認められたことがあるかのように。 どうして知っているのか、私たちに尋ねてほしい。 なんとも悲しいジョークだ。

このフリードリッヒ判事がヘリテージの要求を却下した同じ日に、IRS調査官の内部告発者が以下のように証言した。

  • 彼らはハンター・バイデンの家宅捜索を妨害された
  • バイデンの家族と話すことを妨害された
  • 司法省は、調査官(ちなみに民主党議員)が強く推奨していたにもかかわらず、重罪での告発を拒否したこと
  • 捜査を指揮する連邦検事が、バイデンとガーランドが捜査を妨害し、彼が望んでいた告発を行う能力を制限したと、彼の公的な声明とは裏腹に、個人的に告げたこと。
  • IRSの内部告発者たちは、ハンターの捜査と起訴には公平性が欠けているとして、特別弁護人の任命を強く主張した。

この文書提出要求は、木曜日にヘリテージ財団によって提出された。

 

月曜日、The Gateway Punditは、非常に腐敗したバイデン司法省によるハンター・バイデンの寛大な処分を引き延ばすために、新たな申請が行われるという情報を得た。

引用:Gateway Pundit

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00