Home 生活パンデミック ロバート・F・ケネディ・ジュニア、ファウチを殺人罪で起訴するよう求める

ロバート・F・ケネディ・ジュニア、ファウチを殺人罪で起訴するよう求める

by Jack World News

大統領候補のロバート・F・ケネディ・ジュニアは、ワクチンの研究に長い時間を費やしてきた。彼がワクチンの副作用を懸念するのは、影響を受けた子供たちの母親が彼に声を上げたことに起因する。ケネディは、トランプが残念ながらアンソニー・ファウチを選ぶまで、トランプの政権で働くことになっていた。RFK Jr.はファウチと彼の欺瞞的な金儲けの手口を暴露する本を書いた。ケネディは、ファウチのNIHはあらゆるワクチンのプラセボに基づく安全性試験を提供できなかったと主張している。

この映像の中でケネディは、ファウチがCOVID-19の治療薬としてレムデシビルを承認したことについて話している。ケネディは、ファウチはこの薬が使用者を殺すことを知っていたと主張している。

「トニー・ファウチはレムデシビルがあなたを殺すことを知っていた。」

「どのように死ぬのですか?」彼は尋ねた。「腎不全、心不全、全臓器崩壊。」

「医師はみなそう言った。あなたは何度も聞いた。『腎臓を攻撃するウイルスは見たことがない』と。ウイルスのせいではなく、レムデシビルのせいなのです」と彼は付け加えた。

RFK Jr.はまた、COVID-19による死亡の一因となった人工呼吸器の承認についても語っている。

引用:Leading Report

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00