Home 政治外交関係 ブリンケン国務長官「米国は現在イランとの核合意について議論していない」

ブリンケン国務長官「米国は現在イランとの核合意について議論していない」

by Jack World News

アントニー・ブリンケン国務長官は、日曜日のインタビューでCNNの「ファリード・ザカリアGPS」に語った。

ブリンケン国務長官は、過去には「核合意はテーブルの上にあった」と語った。イランは、バイデン政権がテヘランとそのような協定を結ぼうと非常に誠実に努力したにもかかわらず、イエスと言えなかった。

「我々は今、核合意について話していない場所にいる」とブリンケン氏は強調し、米政府高官はイラン側に対し、両国間の緊張を緩和するための行動をとるよう圧力をかけていると付け加えた。

「もしかしたら、イランの核開発プログラムについて再び話し合えるような環境になるかもしれない。」


米政府高官は、「強力な抑止力を持ち、適切な圧力をかけ、核問題に取り組む機会を取り戻すために、一連の取り組みを行っている」とブリンケン氏は付け加えた。


「私たちは、外交がこの問題を解決する最善の方法であると強く信じている。「他のすべての選択肢と比較して、外交は最も持続可能で効果的な結果をもたらすことができる。しかし、だからといって、他の選択肢がないわけではないし、必要であれば、それに頼らないということでもない」

引用:Newsmax

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00