Home 政治不法移民 聖域都市ロサンゼルス、テキサスから5台目の移民バスを受け入れる

聖域都市ロサンゼルス、テキサスから5台目の移民バスを受け入れる

by Jack World News

聖域都市ロサンゼルスは、テキサス州のグレッグ・アボット知事が送り込んだ5台目の移民バスを受け入れた。バスはテキサス州の国境地帯から44人の移民を乗せ、この街にやってきた。

コロンビア、中国、ハイチ、ホンジュラス、メキシコ、ペルー、ベネズエラからの移民44人を乗せたバスが土曜日にロサンゼルスに到着したとABC7ロサンゼルスが報じた。バスの出発地はテキサス州南部の国境都市ブラウンズビル。

人道的移民権利連合(CHIRLA)の関係者によると、バスで運ばれた移民のグループには、2歳から14歳までの子供14人が含まれていた。

ロサンゼルス市長室は、移民たちが到着した後、金曜日にバスが来ることを認識したと声明を発表した。市は44人の移民の到着に対処するための「計画」を発動した。

ロサンゼルスがブラウンズビルから44人の移民を 受け入れたのと同じ日、リオグランデ・バレー・セ クターでは700人以上の移民がテキサス州南部に入国し た。また前日には941人が同セクターに到着した。

CHIRLA事務局長のアンジェリカ・サラスは、アボット知事がボランティア移民を希望の目的地であるロサンゼルスまで運ぶためにエアコン付きの無料バスを提供したことを痛烈に批判した。

「テキサス州のアボット知事が移民や難民に対して命じた行動は、犯罪とまでは言わないまでも、言語道断です。」「私たちは移民や難民の非人間化をどこであろうと非難し、すべての命は貴重であり、国連の人権憲章の下で保護されていることをアボット知事に思い出させます。」

彼女は、テキサス州からカリフォルニア州への移民の自主的なバス輸送によって、どのような法律に違反したかについては言及しなかった。

「ローンスター作戦は、外国人恐怖症に煽られた、人間としての良識に欠ける疑わしいイニシアチブです」とCHIRLA所長は続けた。「しかし、その一線は、この知事によってとっくの昔に越えられています。最も最近の例では、何千人もの亡命希望者をカリフォルニア州ロサンゼルスを含む他の様々な州にバスで移送したことです。」

ブライトバート・テキサスが報じたところによると、アボット知事は、ロサンゼルス市が「聖域都市」を宣言した直後の6月に、移民をバスで送り始めた。

「テキサス州の小さな国境の町は、バイデン大統領が国境の安全確保を拒否しているため、メキシコからテキサス州へ不法入国する数千人の人々に圧倒され、溢れかえっている。」「ロサンゼルスは移民が目指す主要都市であり、特に市の指導者たちが聖域都市宣言を承認した現在ではそうである。」

引用:Breitbart

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00