Home 政治バイデン犯罪一家 ハンター&ジョー・バイデン氏と電話で話した元パートナー、デヴォン・アーチャー氏が証言へ

ハンター&ジョー・バイデン氏と電話で話した元パートナー、デヴォン・アーチャー氏が証言へ

by Jack World News

息子の元親友であるデボン・アーチャーが今週、議会で証言する予定になっている。ハンター・バイデンは父親であるジョー・バイデン副大統領(当時)との海外ビジネス・パートナーとの会議にスピーカーフォンでダイヤルしていたという。

6,000万ドルの債券詐欺に関与した罪で刑務所に収監されているアーチャー(48歳)は、下院監視委員会で、ハンターが父親に電話をかけ、海外のビジネス・パートナーや投資家を紹介する際に、ジョー・バイデンが直接、あるいはスピーカーフォンを通じて出席していた会合を目撃したことについて証言する予定である。

「副大統領時代、ジョー・バイデンがハンター・バイデンの海外のビジネス・パートナーと会っているのを、スピーカーフォンも含めて目撃したすべての回について、デボン・アーチャーから話を聞くのを非常に楽しみにしている」と、委員長のジェームズ・コマー下院議員(共和党)は語った。

そのような会合のひとつは、2015年12月4日金曜日の夜遅く、ウクライナのエネルギー企業ブリスマの取締役会の後、ドバイで行われたもので、ブリスマはハンターに取締役として月8万3000ドルを支払っていた。

同じく取締役であったアーチャーは、ブルジュ・アル・アラブ・ホテルでブリスマ社の取締役たちと夕食をとった後、ハンターの友人の一人と酒を飲むために、ハンターと一緒にジュメイラ・ビーチにあるフォーシーズンズ・リゾート・ドバイまで6マイル北上したと証言する予定である。

彼らが外のバーに座っていると、ブリスマの重役であるヴァディム・ポジャルスキーから電話がかかってきた。ブリスマのオーナー、ミコラ・ズロチェフスキーがハンターと緊急に話したいことがあるという。

その後すぐに、2人のウクライナ人はハンターとアーチャーとフォーシーズンズのバーで合流し、ポジャルスキーはハンターに尋ねた。

「お父さんに電話してくれる?」

当時、ワシントンDCは金曜日の昼下がりだった。

そしてハンターは父親に電話をかけ、スピーカーにして電話をテーブルに置き、ジョー・バイデンにウクライナ人を “ニコライとヴァディム “と名指しで紹介した。

そして、ブリズマの大物たちは “我々のサポートが必要だ “という趣旨の言葉を発した。

バイデン副大統領はウクライナ人に挨拶はしたが、その短い電話ではあいまいなあいさつしかしなかった。

議会の調査官は、ズロチェフスキーがジョー・バイデンとの緊急電話を要請した理由を調査する見込みだ。

スピーカーフォンの3日後、オバマ政権のウクライナ担当の指南役であった当時のバイデン副大統領は、2015年12月9日にキエフに飛び、ウクライナの議会(ラーダと呼ばれる)で “縁故主義、汚職、クレプトクラシーの毒 “について演説する予定であったという文脈に彼らは注目するだろう。

その10週間前の2015年9月24日、ジェフリー・パイアット駐日米国大使はオデッサの汚職について演説し、その中でズロチェフスキーを名指しで標的にした。

彼らがスピーカーフォンで話をした頃、ウクライナのヴィクトル・ショーキン検事総長は汚職でブリズマを捜査しており、2カ月も経っていない2016年2月2日には、ドバイに亡命していたズロチェフスキーが所有していたキエフの4軒の家、2区画の土地、ロールス・ロイスを押収した。

電話から1ヵ月後、ジョー・バイデンがウクライナへのアメリカの援助10億ドルを保留すると脅したため、ショーキンは解雇された。

「私は彼らを見て『検事をクビにしなければ、金は渡さない』と言ったんだ」とバイデンは外交問題評議会で自慢した。「あの野郎、彼はクビになった」

2015年末、ショーキンの調査が加速するにつれ、ポジャルスキーはハンターへの圧力を強めていった。

スピーカーフォンの1ヶ月前、2015年11月2日にハンターとアーチャーに送られたEメールでは、ポジャルスキーは、自分たちの影響力を使ってブリスマに対する犯罪捜査を「終結」させるよう明確に要求している。

アーチャーはまた、パリのレストランでの夕食の際、投資家候補に好印象を与えるためにハンターが携帯電話を取り出し、父親をスピーカーにしたことを含め、他のスピーカーフォンで行われた会合についても、証言で詳述する見込みだ。

ロングアイランド生まれの3児の父であるハンターは、宣誓のもとで議会調査官に語ることになっている。

もう一人の元ビジネス・パートナー、トニー・ボブリンスキーは、ロサンゼルスのシャトー・マーモントのプールサイドで打ち合わせをしていたとき、ハンターが父親を電話で呼び出そうとしたと回想している。

「ジョーがビジネスミーティングの最中にハンターからの電話を受け、スピーカーフォンで発言していたことを、バイデン家の他のビジネス関係者も確認しています」とボブリンスキーは言う。

“2017年5月2日に私が初めてジョー・バイデンに会う前に、シャトー・マーモントでハンターと一緒に座っていたハンターは、彼の父親が、彼の弁護士が何を言おうと、あるいは(バイデンの元スポークスマンである)ケイト・ベディングフィールドのような門番が妨害をしていようと、いつでも彼の電話を受けることを断固として主張した。

“アメリカ国民は、ジョー・バイデンがバイデン家の世界的な影響力を使ったビジネスで果たした重要な役割をまだ十分に理解していない。それは、伝統的な企業構造における会長の役割に例えられるだろう”

ボブリンスキーは2017年にLAでジョーと2度会い、ハンターと叔父のジム・バイデンが中国のエネルギー会社CEFCと計画していた合弁事業のCEOとして審査された。

ビバリー・ヒルトンでの会合はいずれも2017年5月で、ジョーが副大統領を退任してから4カ月後のことだった。

アーチャーは昨日コメントを拒否したが、親しい関係者によると、彼が証言するのは “市民の義務 “だと信じているからだという。

彼には「隠すことも、復讐することも、家族以外の誰かを守ることもない。免責がある場では、少なくとも真実を語り始めることができる」

共和党が支配する委員会でアーチャーが証言するというニュースが流れて以来、彼の家族は殺害予告や “口を閉じていろ “という警告を受けてきたという。

アーチャーが目撃したスピーカーフォン通話のうち、4回に1回は、ハンターが父親を取引相手の外国人に紹介していた。

しかし、それ以外のときは、他の人々が聞いていることを認めずにジョーに話しかけるだけで、バイデン副大統領が息子に利用されていることに気づいていた頻度は定かではない。

ハンターは2021年にCBSニュースに、父親とは “毎晩 “話していたと語った。

アーチャーはまた、ジョージタウンのレストラン「カフェ・ミラノ」の個室で、ウクライナ、ロシア、カザフスタンのビジネスパートナーと会う目的で、ハンターが父親のために企画した2015年4月と2016年初めの2回の夕食会についても証言する予定だ。

2015年4月16日に行われた最初の夕食会には、ロシアの大富豪エレナ・バトゥリーナと彼女の夫であるユーリー・ルシコフ前モスクワ市長とともに、ブリスマの重役ポジャルスキーが出席した。

その翌日、ハンターはポジャルスキーから父親を紹介してくれたことへのお礼のメールを受け取った。


「親愛なるハンター、私をワシントンDCに招待し、あなたの父親と会う機会を与えてくれてありがとう。「本当に光栄であり、喜ばしいことです」

ジョー・バイデンは、息子ハンターの海外でのビジネス取引について何も知らなかったと繰り返し述べている。

チャック・グラスリー上院議員(アイオワ州選出)が先週公表したFBIの爆弾文書には、ズロチェフスキーが2016年にFBIの情報提供者に、ジョー・バイデンとハンター・バイデンに “ウクライナのビクトル・ショーキン検事総長の解任を確実にするために “1000万ドルの賄賂を支払ったという疑惑が記されていた。


ズロチェフスキーはまた、ジョー・バイデンを含む会話の録音を2件、ハンターを含む録音を15件、さらに「多くのテキストメッセージ」と、情報提供者が「電信送金明細書、銀行記録と理解した」2つの文書を持っていると主張した。


FD-1023として知られるFBI文書の中で、ズロチェフスキーはジョー・バイデンを “大物 “と呼んでいる。

アーチャーは、”大物 “はハンターのビジネス・パートナーが父親を指して使ったニックネームであると証言する見込みである。ボブリンスキーもジョー・バイデンを “大物 “だと言っている。

引用:New York Post

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00