Home 政治バイデン犯罪一家 コマー下院監視委員長、ファミリービジネス取引について「ジョー・バイデン氏は嘘をついた」と主張

コマー下院監視委員長、ファミリービジネス取引について「ジョー・バイデン氏は嘘をついた」と主張

by Jack World News

ジェームズ・コマー下院監視・説明責任委員長は月曜日、ジョー・バイデン大統領が息子のビジネス取引に関与していることについて、国民に「嘘をついた」と主張した。

「ケンタッキー州選出の共和党員であるコマー氏は、「ジョー・バイデンは、息子のビジネス取引について何も知らないと言ったとき、アメリカ国民に嘘をついた。「ジョー・バイデンが一族の腐敗した影響力売買計画に深く関与し、金銭的な利益を得ていた可能性が高いという証拠が次々と明らかになっている。

 

今年初めに共和党が下院の過半数を掌握して以来、ファースト・ファミリーを調査してきた委員会は、長男ハンター・バイデンが中国やウクライナの人々とのビジネス取引に父親を参加させていたと主張している。

「ジョー・バイデンとその家族は、自分たちを第一に考え、アメリカ人を最後にしているように見えるが、企業メディアと司法省はバイデン一家を庇い続けている。」

彼は、ハンター・バイデンの元ビジネス仲間であるデボン・アーチャーに話を聞く機会について協議したいと述べた。今週、アーチャーはこの件に関して議会証言を行う予定だ。

引用:Leading Report

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00