Home 社会 IRS、納税者宅への捜査官の抜き打ち訪問を終了

IRS、納税者宅への捜査官の抜き打ち訪問を終了

by Jack World News

内国歳入庁(IRS)は、セキュリティ上の懸念から、納税者宅への抜き打ち訪問のほとんどを廃止するという、「常識的」ともいえる大幅な方針変更を発表した。

この措置は直ちに実施され、IRSの収入役が納税者の自宅のドアを予告なしにノックし、税金の滞納問題を解決しようとしてきた数十年の方針を覆すものである。

国税庁の声明によれば、この変更の理由は、税務執行官による不安を煽るような突然の家庭訪問が制御不能に陥り、納税者と国税庁の現場職員の双方に危険をもたらす危険性を低減するためである。

国税庁によると、これまでの経験から、家庭や企業へのアポなし訪問はリスクの高いものであり、捜査官は日常的に「危険と不確実性」に直面していたという。

抜き打ち訪問はまた、国税庁が「公衆の混乱」と呼ぶ事態を引き起こし、納税者の安全を脅かす危険性もあった。

「これらの訪問は、すでに潜在的な詐欺師を警戒している納税者に余計な不安を与えました」と、ダニー・ワーフェル国税庁長官は声明で述べた。「同時に、国税庁の職員がこれらの家庭を訪問する際に直面する不確実性は、職員にとってもストレスとなった。これは正しいことであり、終わらせるべき適切なタイミングです」

IRSによると、近年IRSの捜査官を装った詐欺師が増加し、納税者と地元の警察当局の双方を混乱させていることが問題の一因だという。

この変更は、IRSが最近、新しい戦略的運営計画を発表した中で行われた。

「納税者と国民により良いサービスを提供するために、IRSの運営方法を見直そうとしており、今回の変更は常識的なステップだ。「この長年の手続きを変更することで、私たちの税務管理業務に対する信頼が高まり、納税者とIRS職員の安全性が全体的に向上するでしょう」。

税務職員の組合である全米財務省職員組合(NTEU)は、予告なしの戸別訪問をめぐる方針転換の決定を称賛した。

NTEUのトニー・レアドン会長は声明で、「我々は、NTEUのリーダーやIRSの徴収職員が、安全が脅かされる危険な状況に直面していることを受け、ヴェルフェル長官の迅速な行動を称賛する」と述べた。

NTEUのトニー・レアルドン会長は、「国税庁とその職員に関する虚偽の扇動的な暴言」が、現場職員が直面する危険を増大させていると非難した。

詳しい説明はなかったが、彼の発言は、最近行われた800億ドルほどの予算増額の一部が、新しく雇われるIRSエージェントの “軍団 “を雇うために使われ、低所得のアメリカ人を監査対象にするという共和党の主張への言及を示唆している。

「民主党が新たに雇う8万7000人の国税庁捜査官の軍団が、7万5000ドル未満のアメリカ人を対象に71万件の新たな監査を行う」と、当時の下院少数党院内総務ケビン・マッカーシー(共和党、カリフォルニア州選出)は、国税庁の予算増額が大きな話題となった2022年8月のツイートで述べた。

IRSと財務省は、40万ドル以下の所得者に対する監査率が過去の水準より上昇することを繰り返し否定し、新規採用は納税者サービスの向上と、企業やハイエンドの脱税者を担当する経験豊富な監査人に焦点を当てるとしている。

ヴェルフェル氏は月曜日にもこの点を繰り返し述べ、税務上の問題を抱える高額所得者などの重要な分野に焦点を当てたコンプライアンス業務のために、職員とリソースを増員すると述べた。

「我々は、抜き打ち訪問でストレスを増やすことなく、歳入をうまく徴収するために必要な手段を手に入れた。

「この方針変更で損をするのは、国税庁を装った詐欺師だけです」。

この変更は国税庁の非武装部門に影響するもので、重大な税務犯罪を担当する犯罪調査部門には影響しない。

抜き打ちの戸別訪問の代わりに、国税庁捜査官は納税者に手紙を送り、面談の日程を決める。

しかし、国税庁は、抜き打ち訪問が行われる状況は「極めて限定的」であるとしている。

「このような稀なケースには、召喚状や召喚状の送達、また資産の差し押さえを伴う機微な執行活動、特に政府の手が届かなくなる恐れのあるものが含まれる」と国税庁は声明で述べている。

このような状況は、納税者の家を突然ノックすることのごく一部であり、毎年数百件にも満たないとIRSは述べている。

対照的に、以前の方針では、納税者宅への抜き打ち訪問は毎年数万件に及んでいた。

この方針変更は、詐欺や脱税などの犯罪を捜査するIRS犯罪捜査部(IRS-CI)の仕事には影響しない。

最近、武装したIRS-CI捜査官がフロリダの企業を襲撃し、注目を集めた。

Fox29によると、先週、フロリダ州スチュアートの企業で、タクティカル・ギアを着た少なくとも25人から30人のIRS-CI捜査官が捜索令状を執行した。

「まるで映画のワンシーンのようでした。」ある無名の目撃者はこう語っている。
「彼らは大きな装備、タクティカルギアを持っていた。彼らはおそらく、自分たちが何に向かって歩いているのか知らなかったからだ。」

IRS-CI広報担当者は、フロリダの企業を家宅捜索した捜査官は犯罪捜査課のもので、”公務 “のためにそこにいたことを、電子メールによる声明でエポック・タイムズに確認した。

IRS-CI広報担当のカリッサ・カトレル氏は、最近の電子メールによる声明でエポック・タイムズ紙に語った。

「IRS-CIの任務には、犯罪者が犯した犯罪を捜査するだけでなく、潜在的な犯罪者が将来犯罪を犯すのを抑止することも含まれます」とカトレル氏は付け加えた。

カトレル氏によると、1990年代半ばには、同部署には約3,500人の特別捜査官がいたが、退職や人員削減により、毎年150人から175人の捜査官が減少しているという。

今年度は350人の捜査官を採用する予定で、150人から175人の純増になるという。

引用:The Epoch Times

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00