Home 社会事件・事故・犯罪 エクアドルの市長、大統領選挙を前に白昼暗殺される

エクアドルの市長、大統領選挙を前に白昼暗殺される

by Jack World News

エクアドル第3の都市マンタのアグスティン・イントリアゴ少佐が日曜日、建設現場を訪れていたところを、殺し屋に発砲され暗殺された。傍観者1人も死亡、4人が負傷した。

38歳の市長は、市内の建設プロジェクトを公開するイベントの最中に、少なくとも3発の銃弾を胸に受けた。緊急治療のため病院に運ばれたが、医師は彼の命を救うことはできなかった。イントリアゴ市長は以前から殺害予告を受けており、警察の保護を要請していたという。

市長の死は、妹のアナ・イントリアゴがツイッターで発表した。

「私の兄が死にました、彼の冥福を祈ります、この犯罪が罰せられないはずがありません、お願いです、この悪者どもに勝たせるわけにはいきません」と彼女は投稿し、その1時間後には正義を求める2度目の嘆願が続いた。

“闇よ、悪は今回勝ったのです!彼らに勝ち続けさせないでください!不処罰を許さず、悪人を罰してください!”

この暗殺は後にフアン・サパタ内務大臣によって確認され、内務大臣は “非難されるべき行為 “を非難し、警察は “犯人を見つけるまで休むことはない “と付け加えた。

地元クラブ、ラス・ドラゴナスに所属する29歳のサッカー選手、アリアナ・エステファニア・チャンカイもこの襲撃で命を落とした。地元メディアによると、銃撃があったとき、彼女はアマチュア・サッカー・チームの支援を得るために市長に接触したところだったという。

発砲後、警察は直ちに殺し屋を追跡したが、殺し屋は盗んだバンを運転していた。追跡中、殺し屋の車は衝突し、運転手が負傷、逮捕された。

殺し屋は現在も逃走中である。

イントリアゴ氏は2023年の再選後、2期目の4年任期中だった。彼は、ラファエル・コレア前大統領が率いるエクアドル最大の野党「市民革命運動」のメンバーだった。彼の暗殺は、8月20日の大統領選挙から1ヶ月も経たないうちに起こった。

イントリアゴ氏の殺害は、エクアドルで今年3件目の市長候補暗殺事件である。

2月にプエルト・ロペスという海岸沿いの小さな町で、41歳の候補者オマール・メネンデスが開票数時間前に銃撃された。ここでも無差別に傍観者が命を落とした。犯人はバイクで逃走した。開票後、メネンデス氏の当選が判明した。

1月には、海岸沿いの都市サリナスの市長候補フリオ・セザール・ファラチオが、刑務所から出所したばかりの麻薬密売人に射殺された。

5月、ドゥラン市長のルイス・チョニージョは、就任初日に暗殺未遂をかろうじて免れた。

エクアドルで暗殺の標的となったのは市長だけではない。先週、下院議員候補のオットー・ゾンネンホルツナーが強盗未遂と思われる事件で殺害された。月には、海岸沿いの都市エスメラルダスの市議会議員ジャイロ・オラヤが殺害された。

エクアドルは近年、敵対する麻薬組織による暴力事件が急増しており、その結果、南米で最も不安定な国のひとつとなっている。

治安アナリストによると、メキシコやコロンビアのカルテルがエクアドルの地元ギャングに入り込んでいるという。海岸沿いの都市は、コカインが太平洋を経由して国外に密輸される港へのアクセスをめぐる麻薬ギャングの主な争いの場となっている。

引用:The Epoch Times

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00