Home 政治バイデン犯罪一家 IRSの「内部告発者X」、バイデン一家に対する犯罪を暴露したことでIRSに脅迫されたと主張

IRSの「内部告発者X」、バイデン一家に対する犯罪を暴露したことでIRSに脅迫されたと主張

by Jack World News

ジェームズ・コマー下院議員(共和党)が主宰する下院監視委員会に出席するため、2人のIRS(内国歳入庁:日本の国税庁にあたる)内部告発者が派遣された。IRSは現在、ハンター・バイデンとバイデン犯罪ファミリーの他のメンバーを調査している。内部告発者の一人、通称 “内部告発者X “は、バイデン一家による犯罪に注意を喚起する役割を果たしたとして、IRSから脅迫を受けたことを明かした。

自らを “ゲイの民主党員 “と称する内部告発者Xは、アーンスト・アンド・ヤング社で外部監査役として働いた後、2010年からIRSに勤務していると冒頭陳述で述べた。

「彼のIRSでの経歴には、税務調査やマネーロンダリング調査、医療詐欺のコーディネーターや広報官としての仕事も含まれていた」とタウンホールは報じている。その後、『X』は2018年にD.C.を拠点とする国際税務・金融犯罪グループの一員となった。

議会での冒頭陳述でXは、IRSで働いていたときに「倫理基準の腐食」と「権力の乱用」を目撃したと述べた。そのため、彼は “これらの行為に光を当て、責任者を明らかにする “ことを求めた。

「私はこの捜査の始まりに立ち会い、およそ5年間この捜査に深く関わってきましたが、私は物語の一部に過ぎないと認識しています」とXは付け加えた。

「今日私と一緒にここにいる同僚で上司のゲーリー・シャプレーを含む他の人たちは、この捜査中に何が起こったかについて、それぞれの見解と理解を持っています。」

Xは社内で何度も問題提起を試みたがうまくいかず、最終的に自分が知っていることを公表し、議会で証言することを決断した。この問題を提起したことで、所属機関から脅迫と報復を受けた後だった。

「結局のところ、私は過去5年間にわたって複雑な刑事税務調査に取り組み、調査プロセスは99%終了し、起訴に持ち込む段階にありました」とXは語った。

「2022年の10月以来、デラウェア州のAUSAとDOJ-Tax(司法省の税務関連犯罪部署)は事実上私との連絡を絶ち、私のチームは最終的に調査チームから外された。」

彼とIRS調査官、検察官の間のすべてのコミュニケーションが突然終了する前に、Xは彼が特定した犯人を起訴するよう勧告した。

「この問題で特別弁護人を任命することが、我々の税制の公正さを皆に確信させる最善の方法であると信じるのは難しいことではありません」とXは述べた。

「私たちの捜査におけるデラウェア州の連邦検事は、司法省の役人だけでなく、他の連邦検事からも常に足手まといにされ、制限され、疎外されていた。私は今でも、この事件のための特別弁護人であれば、この事件のために問題を作り続けている最も困難な問題を切り開くことができただろうと考えています。」

Xはまた、この政治的混乱のすべてが、アメリカ人の国家とその制度に対する信頼を著しく損なっているという事実にも言及した。それを解決する方法として彼が提案したのは、連邦捜査官が “非常事態の紐を引き、社会顧問の選任を検討する問題を提起する”ための正式なルートを確立することである。

「IRS、FBI、その他の連邦法執行機関の同僚たちには、私のような苛立ちと落胆の旅を経験してほしくないのです。」と彼は付け加えた。

引用:Leading Report

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00