Home 政治不法移民 マット・ゲイツ氏、不法入国者の「アンカーベイビー」政策を廃止する法案を提出

マット・ゲイツ氏、不法入国者の「アンカーベイビー」政策を廃止する法案を提出

by Jack World News

マット・ゲイツ下院議員(フロリダ州選出)は、不法移民の出生権市民権政策を廃止することを目的とした法案を提出した。この政策は、不法移民の両親から米国で生まれた子供に自動的に市民権を与えるもので、米国政治において長い間争点となってきた。

法案の正式名称は「2023年誕生権市民権法(Birthright Citizenship Act of 2023)」で、火曜日にBreitbart Newsが独占的に報道した。この法案は、移民国籍法を改正し、合法的に永住権を認められていない外国人の母親から米国で生まれた者が、自動的に米国市民権を付与されないようにするものである。

この法案は、移民国籍法を改正し、米国で生まれた者が、両親のどちらかが米国人である場合、出生時の市民権について米国の「管轄権に服する」とみなすことを目的としている:

a. 米国市民または国民である、

b. 米国に居住する合法的永住外国人、または

c. 米軍で現役として勤務している外国人。

ゲイツは、”合衆国で生まれ、または帰化し、その司法権に服するすべての者は、合衆国およびその居住する州の市民である “と市民権を認めている合衆国憲法修正第14条の現行解釈を変更することを提案している。

フロリダ州選出の共和党議員は、ゲッツ事務所からの公式プレスリリースの中で、「出生権市民権は、何十年もの間、著しくあからさまに誤って適用されており、最近では不法滞在者が移民制度を不正に悪用する抜け道となっている。

「私の法案は、アメリカの市民権は特権であり、不法入国者に自動的に利用される権利ではないことを認めている。これはアメリカ市民権の神聖さを維持するための重要なステップであり、市民権が搾取される抜け穴として扱われるのではなく、合法的に我が国に移住する際に得られる特権であることを保証するものです。」

『アンカー・ベイビー』政策は、不法移民の誘因になるという批判があり、米国では長年にわたって論争の的となってきた。彼らは、この政策が、米国で生まれた子供がいずれ合法的な地位を得るためのスポンサーになってくれることを期待して、不法入国する個人を奨励していると主張している。

この法案の発表は、米国が国境における不法入国の急増と格闘している時期と重なる。米国税関・国境警備局のデータによれば、ここ数年、南部国境での拘留が大幅に増加している。ゲイツは共和党の同僚とともに、『アンカー・ベイビー』政策の廃止が不法移民の抑制に働くかもしれないと主張している。

法案が可決されるかどうかはまだ不透明だ。法案が成立するには、両院を通過し、大統領が署名する必要がある。

しかし、この政策の支持者たちは、合衆国憲法修正第14条に規定されている基本的権利であり、”合衆国において生まれ、または帰化し、その裁判権に服するすべての者は、合衆国およびその居住する州の市民である “と主張している。

この法案が可決されれば、合法的永住権保持者でもなく、米軍に所属していない非市民の両親から米国内で生まれた子供に、出生時に自動的に市民権を与える慣行が廃止されることになる。

この法案は、憲法修正第14条を弱体化させる試みとみなす民主党議員や移民擁護派からの大きな反対に直面することが予想される。彼らは、修正条項の文言は明確であり、出生権市民権を変更するには、単なる法改正ではなく、憲法改正が必要だと主張している。

引用:Trending Politics

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00