Home 政治アメリカ政治 判事はハンター・バイデンの司法取引を拒否、ハンター・バイデンは無罪を主張

判事はハンター・バイデンの司法取引を拒否、ハンター・バイデンは無罪を主張

by Jack World News

マリエレン・ノレイカ判事はハンター・バイデンの甘い司法取引を拒否した。
司法取引は、バイデンの2014年から2019年までの税金問題、薬物使用、銃犯罪を対象としていた。

判事は、司法取引の修正に門戸を開き、この取引に関する問題点、特に銃犯罪の陽動裁定における彼女の提案された役割に関する憲法上の疑問点について、双方から準備書面を提出するよう求めた。

同判事はまた、納税容疑の嘆願にも疑問を呈し、それは自分の役割を「ゴム印」にしたにすぎず、この取引が受け入れられるかどうかを問う余地はない、と述べた。

マリーレン・ノレイカ判事は、2017年にトランプ大統領によって任命され、2018年にデラウェア州連邦裁判所に着任した。

その間、バイデンは取引が却下された後に無罪を主張し、判事から “条件付き “で釈放された。

CNNのポーラ・リード記者は「UPDATE:判事は現在、ハンター・バイデンの司法取引を受け入れる準備ができていないと述べている。双方は追加の準備書面を提出する必要があり、当事者は今後法廷に戻る必要がある。”

司法取引否決のTV報道

これに先立ち、ホワイトハウスはジョー&ジル・バイデン夫妻に代わって声明を発表した。”司法取引が発表された際、大統領夫妻は声明の中で、息子を愛し、人生を立て直し続ける彼を誇りに思うと述べ、この件を通して彼を支援することを表明した。”
ツイッター
ハンターの両親はともに法廷に立たなかった。ジョーはホワイトハウスに残り、ジルは海外にいる。

UPDATE:議事録が掲載されました:「マリエレン・ノレイカ判事の前で行われた手続きの議事録-2023年7月26日に行われた(1)カウント1に関するロバート・ハンター・バイデンに関する初出廷、

被告は弁護人とともに出席した。裁判所は被告に権利について助言し、条件付きで釈放を認めた。被告は予備審問を放棄した。

裁判所は、規則5(f)に基づくブレイディ義務について弁護人に助言した。裁判所は、司法取引および公判前陽動協定に関する決定を延期した。当事者は30日以内に命令通り準備書面を提出しなければならない。

正義のため、本日から2023年9月1日までの間は迅速審理法から除外される。出廷 B.ウォレス弁護士、L.ワイズ弁護士、D.ハインズ弁護士(米国側)、C.

C.クラーク弁護士、R.ジョーンズ弁護士(DEFT側)、M.ブレイ弁護士、B.ウィリアムズ弁護士(USPO側)、M.バックソン書記官(法廷記者:デール・ホーキンス)(mdb)(Entered: 07/26/2023)”

引用:GP

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00