Home エンタメ芸能 マイケル・ジャクソンの性的虐待訴訟が復活する可能性

マイケル・ジャクソンの性的虐待訴訟が復活する可能性

by Jack World News

カリフォルニア州の控訴裁判所は水曜日、マイケル・ジャクソンが子供の頃に性的虐待を受けたと主張する2人の男性の却下された訴訟を復活させることを検討する。

この訴訟は、ジャクソンが2009年に亡くなった後、ウェイド・ロブソンが2013年に、ジェームズ・セーフチャックが翌年に起こしたものである。2人は、2019年のHBOのドキュメンタリー映画 “Leaving Neverland “で自分たちのストーリーを語ったことで、より広く知られるようになった。

2人はともに、ジャクソンが唯一のオーナーであり、唯一の株主であった2つの会社、MJJ Productions Inc.とMJJ Ventures Inc.を訴えた。

2021年、上級裁判所のマーク・A・ヤング判事は、2つの企業とその従業員にはジャクソンからロブソンとセーフチャックを守る法的義務はないと判断し、訴えを棄却した。しかし、カリフォルニア州第2管区控訴裁判所は先月の暫定判決で、この判事を覆し、裁判をやり直すよう命じた。

ジャクソンの遺産をめぐる弁護団は水曜日、控訴裁判所に逆転を説得する予定である。

訴訟はすでに2017年の棄却から立ち直り、ヤングは時効を超えているとして却下した。性的虐待事件の範囲を一時的に広げたカリフォルニア州の新法により、控訴裁判所はこれらを回復させた。ジャクソンの個人財産(彼が死後に残した資産)は、2015年に被告として棄却された。

現在40歳の振付師であるロブソンは、5歳のときにジャクソンと出会った。その後、彼はジャクソンのミュージックビデオに出演し、彼のレーベルから音楽を録音した。

彼の訴訟では、ジャクソンは7年間にわたって彼に性的虐待を加えたと主張している。それによると、彼はジャクソンの従業員であり、ボーイスカウトや学校が指導者から子どもたちを守るのと同じように、2つの企業の従業員は彼を守る義務があったという。

現在45歳のセーフチャックは、9歳のときにペプシのコマーシャルを撮影していたときにジャクソンに出会ったと訴え、ジャクソンが頻繁に電話をかけてきて贈り物を惜しみなくした後、一連の性的虐待に及んだと語った。

ジャクソンの遺産管理団体は、ジャクソンが少年たちのいずれかを虐待したことを断固として繰り返し否定しており、ロブソンは2005年のジャクソンの刑事裁判で、自分は虐待を受けていないと証言し、セーフチャックも当局に同様の証言をしていることを強調している。

AP通信は通常、性的虐待の被害者であるという人物の名前を出すことはない。しかし、ロブソンとセーフチャックは何度も名乗り出、彼らの身元を使用することを承認している。

引用:News max

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00