Home 政治トランプ大統領 トランプ弁護士、1月6日の大陪審開催での起訴を想定するよう伝えられる

トランプ弁護士、1月6日の大陪審開催での起訴を想定するよう伝えられる

by Jack World News

起訴の行方

ジョーとハンター・バイデン親子の犯罪から目をそらすのにちょうどいい。

木曜日にDCの大陪審が再開されたとき、トランプ大統領の弁護士は特別顧問ジャック・スミス氏のオフィスに到着した。

トランプ大統領の弁護士は、告発を期待するように言われた。

先週火曜日の朝、トランプ大統領は、バイデン司法省がジャンク容疑で彼を逮捕しようとした最新の試みについて声明を発表した。

「ジョー・バイデンの司法省の検事であるジャック・スミスは、私が1月6日の大陪審調査のターゲットであり、大陪審に報告するための非常に短い4日間を私に与え、それはほとんどの場合、逮捕と起訴を意味するとの手紙を送った。

ジャック・スミス特別顧問は先週水曜日の夜、ニューヨーク・タイムズ紙に別の報告書をリークした。

このリークは、下院監視委員会がバイデン一家の賄賂、汚職、外国政権との影響力売買スキームに関する1700万ドルの銀行領収書と証人の証言を提出した後に行われた。

ジャック・スミス氏は、メリック・ガーランド司法長官と司法省が1月6日のデモ参加者を非暴力犯罪で何年も刑務所に送るために使ってきたのと同じ、南北戦争の公民権侵害を使う可能性が高い。

木曜日の朝、DCの大陪審のメンバーが裁判所に到着すると、トランプの弁護士はジャック・スミスと面会した。

大陪審は木曜日にトランプを起訴する投票を行うかもしれない。

ABCニュースが伝えた:

ドナルド・トランプ前大統領の弁護団は、前大統領の起訴の可能性が迫る中、特別弁護人ジャック・スミスの事務所に今朝到着し、ミーティングを行ったと、この件に詳しい情報筋がABCニュースに語った。

トランプ氏の弁護士であるジョン・ラウロ氏とトッド・ブランチ氏は、2020年選挙を覆す努力について特別弁護人の捜査対象であることをトランプ氏に警告するターゲット・レターを受け取った後、スミス氏のチームと面会する予定だ。

7月16日に送付されたターゲット・レターには、3つの連邦法が記載されている。犯罪または合衆国を詐取するための共謀、公民権法に基づく権利の剥奪、証人・被害者・情報提供者の改ざんである。

ジャック・スミス特別顧問は最近、マイアミでトランプを37の連邦訴因で起訴した。

トランプ氏は、弁護士との会話に起因する31件の国家防衛情報の故意の保持と6件の他の手続き犯罪で起訴された。

引用:Gateway Pundit

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00