Home 生活コロナワクチン モデルナCovidワクチンを接種した35人に1人に心臓障害の徴候があった!最新の査読付き報告書

モデルナCovidワクチンを接種した35人に1人に心臓障害の徴候があった!最新の査読付き報告書

by Jack World News

European Journal of Heart Failure誌に掲載された新しい研究によると、35人に1人が、モデルナ COVID19ワクチン接種後に心臓障害の徴候を示した。

この研究では、mRNA-1273ワクチンに関連した心筋傷害は、これまで考えられていたよりも一般的で、軽度かつ一過性であり、男性よりも女性で頻度が高いと結論している。

彼らはアメリカ人にこのワクチンを強制的に摂取させ、仕事や公的イベントに出席させた。

エポック・タイムズ紙が以下のように報じた:

モデルナのCOVID-19ブースター投与後の心臓へのダメージは、考えられているよりも一般的であることが、新しい研究で示された。

スイスの病院の医療従事者35人に1人に、mRNA-1273ワクチンに関連した心筋傷害の徴候が認められた。

「mRNA-1273ブースターワクチン接種に関連した心筋傷害マーカーの上昇は、35人中約1人(2.8%)に認められ、これは2回目のワクチン接種後の心筋炎入院例のメタアナリシス(推定発生率0.0035%)で推定された発生率よりも高い」と、研究者らはEuropean Journal of Heart Failure誌に掲載された論文に書いている。

一般的に健康な集団では、このレベルは約1%であろうと研究者らは述べている。

引用:Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00