Home 社会事件・事故・犯罪 連邦捜査局、暗号詐欺師SBF氏への選挙資金提供の告発を「手続き上の不備」により取り下げ

連邦捜査局、暗号詐欺師SBF氏への選挙資金提供の告発を「手続き上の不備」により取り下げ

by Jack World News

連邦検察当局は木曜日、FTX創設者サム・バンクマン・フリードに対する新たな告発を取り下げた。

連邦捜査当局は、暗号詐欺師で民主党の献金者に対する選挙資金告発を「手続き上の失敗」により取り下げた。

30歳の民主党の寵児であるサム・バンクマン=フリードは、自身が設立した暗号取引所(FTX)を通じたネズミ講で、中間選挙資金として4000万ドル以上を費やした。

FTXが昨年破綻した後、最大20億ドルが「行方不明」になっている。

サム・バンクマン=フリードはバイデンの2番目に大きな献金者で、彼はウクライナを通じて資金を流していた。

これが我々の『司法制度』の仕事だ。

サム・バンクマン=フリードは現在も電信送金詐欺と証券詐欺の罪に問われている。

検察側は、「12月にバハマから身柄を引き渡された際、バハマ政府の許可を得られなかった」ことを理由に、選挙資金規正法の適用を取りやめることを裁判官に伝えた。- CNBCが伝えた。

連邦検察当局は、サム・バンクマン=フリード氏に対する選挙資金規正法の起訴を取り下げ、暗号取引所FTXの創設者に対する起訴内容を絞るのは2度目となった。

検察当局は水曜日、ルイス・カプラン判事に、12月にバンクマン=フリード氏がバハマから引き渡された際、バハマ政府の許可を得られなかったため、違法な選挙資金提供の共謀罪を取り下げたと述べた。

マンハッタンの連邦検事局は以前、同じ理由で贈収賄防止法違反の別の容疑も取り下げている。

検察当局は、投資家と顧客から数十億ドルを詐取するために共謀したと主張している。疑惑のスキームはバンクマン・フリードが経営するFTXの破綻を招き、暗号業界全体に衝撃を与えた。

サム・バンクマン・フリードがマンハッタンの裁判所から出て行くところを目撃されたが、報道陣に一言も話すことなく、足早に去っていった。

引用:Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00