Home 政治2024年米大統領選挙 バイデン政権、ロバート・ケネディ・ジュニアのシークレットサービス保護を拒否

バイデン政権、ロバート・ケネディ・ジュニアのシークレットサービス保護を拒否

by Jack World News

ロバート・ケネディ・ジュニアは金曜日、バイデン政権がいまだに彼の選挙キャンペーンにシークレットサービスの保護を提供していないとツイッターで発表した。ロバートは、何度か要請したが、88日経っても返答がないという!

これは許しがたいことだ

彼のツイート:

1968年に父が暗殺されて以来、大統領候補者にはシークレットサービスの警護がついている。しかし、私は違う。

大統領候補からの一般的な警護要請への納期は14日です。88日間何の返答もなく、私たちのキャンペーンが何度かフォローアップした後、バイデン政権は私たちの要請を拒否しました。マヨルカス長官は「シークレットサービスによるロバート・F・ケネディ・ジュニアの警護は、現時点では必要ないと判断した。」と回答。
私たちのキャンペーンの要請には、世界有数の警護会社からの67ページに及ぶ報告書が含まれており、ありふれた死の脅威とは別に、ユニークで確立された警護と安全のリスクが詳述されていました。

Collin Rugg氏のTwitterより

RFKジュニアは、バイデン政権が88日間返答がなかった後、シークレットサービスの保護要請を拒否したことを明らかにした。 「1968年に父が暗殺されて以来、大統領候補者にはシークレットサービスの保護が与えられています。でも私はそうではない」とRFKジュニアは語った。 以下は、脱税、薬物中毒のハンター・バイデンと6台の車の車列が法廷に姿を現したものである。 「私を守ってくれますが、あなたを守ってくれません。

引用:GP

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00