Home 生活 私は「世界最大の猫」を飼っている

私は「世界最大の猫」を飼っている

by Jack World News

こんニャに大きいネコは他にいない。

ロシアのスタリー・オスコルに住むユリヤ・ミニーナさんは、彼女の3歳のメインクーン猫ケフィアを “世界最大の猫 “だと主張している。

彼女は自身のインスタグラムとケフィアの個人TikTokページに、彼の忘れられない大きさを紹介するコンテンツを定期的に投稿している、とサン紙は報じている。

先月ミニーナのページに投稿され、2,000以上の「いいね!」を獲得したインスタグラムのある動画では、ケフィアが2本の後ろ足で立ち、ドアの取っ手を開けて家族の庭に入ることに成功している。

ケフィアはその後、草むらで巨大なネコジャラシのように体を広げてから、リクライニングチェアの半分を占領し、木に登っている。

@yuliyamnn/Instagram

ケフィアはメインクーン。

“とても美しい!😍😍😍”と、ある憧れのファンは書いている。

「とても大きい。とても賢い “と別の人は言った。

約1年前に投稿された別のインスタグラムの動画では、ケフィアはミニーナさんの4歳の娘とほぼ同じ高さに立ち、キッチンで食事の準備をしている。

ケフィアは背の高いコップ一杯の水であり、彼の乳白色の毛皮に似た培養乳飲料にちなんで名付けられた。

現在のケフィアの大きさは不明だが、2022年当時、まだ2歳だったケフィアの体重は28キロで、平均的なメインクーンや平均的な幼児よりも大きかった。

オスのメインクーンは平均18ポンド、メスは平均12ポンドである。体長は尻尾を含めて3フィート(約1.5メートル)に達する。

@yuliyamnn/Instagram

「普通の赤ちゃんがこんなに大きくなるなんて、想像すらできませんでした」とミニーナは2022年にSWNSに語っている。

そしてケフィアはまだ大きくなる可能性がある。

「メインクーンは3~4歳まで成長します。ですから、もっと大きくなるはずです」と彼女は昨年語っている。

ケフィアは犬と間違われることもあり、遊び好きで優しい性格だとミニーナは言う。

「外見が大きく育っただけでなく、とても賢く、いつも穏やかに振る舞っています。

「見た目は一般的に人のようで、ケフィアは手強い外見をしていますが、とても愛情深く控えめな子です」と彼女は言う。

ケフィアの大きさと抱っこしやすい性格は、猫の昼寝を不快にさせることもある。

「夜は私の上に乗って寝るのが好きなんです。子猫の頃は、特に不都合はありませんでした。「でも、今は大きくなって重くなったので、もちろん、そうやって眠るのは難しいのです」

引用:New York Post

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00