Home 政治魔女狩り裁判 アルビン・ブラッグ氏、偽トランプ訴訟で大敗訴。判事、メラニア夫人のメール提出を求める召喚状を却下

アルビン・ブラッグ氏、偽トランプ訴訟で大敗訴。判事、メラニア夫人のメール提出を求める召喚状を却下

by Jack World News

ニューヨーク州最高裁判所の判事は、ドナルド・トランプ前大統領に対する裁判でメラニア・トランプ前大統領夫人が送信した電子メールを求めてマンハッタン地区検事が提出した2通の召喚状を破棄した。

マンハッタン地区検事アルビン・ブラッグ氏の事務所の検事は、メラニア・トランプ氏からの電子メールやその他の文書を求める召喚状を、ブラッグ氏が前大統領に対するビジネス記録の改ざん疑惑をめぐる裁判の一環として発行していた。

しかし、これらの召喚状はニューヨーク最高裁のフアン・メルシャン判事によって破棄された。メルシャン判事は7月27日の裁判所提出書類に添付された判決(pdf)の中で、召喚状の範囲があまりにも広すぎると述べた。

メラニア・トランプ氏の電子メールやその他の文書に対する要求は、「必要以上に多くの回答記録を得ることになる」と同判事は判決文に記した。この判決文は7月7日に発表されたが、7月27日に提出されたメルシャン判事宛の検察からの書簡に添付され、無関係な件についての説明を求めたことで公開された。

その書簡の中で検察側は、作家のE・ジーン・キャロル氏が前大統領を相手取って起こした別の民事訴訟に関連して、トランプ氏が弁護士に行ったビデオテープの宣誓証言の全容を求める要求について、メルシャン判事の意見を求めていた。

ビデオテープに録画された宣誓証言の一部はキャロル氏の裁判で流されたが、メルシャン判事はテープ全体を検察に渡すよう命じなかった。その代わりに裁判官は、テープ全体に対する召喚状がキャロル対トランプ事件でカプラン裁判官が出した保護命令に違反するかどうか、ルイス・A・カプラン裁判官から説明を求めるよう検察側に求めた。

ビデオテープの召喚に関して、メルシャン判事は、テープの一部がカプラン判事の保護命令に違反するかどうかは判断できないと付け加えたものの、「過剰な範囲でもなければ、その他の不適切なものでもない」と裁定した。

しかし、トランプ大統領の元執行補佐官ローナ・グラフ氏とメラニア・トランプ氏との間のすべての電子メール、グラフ氏とキース・シラー前執務室作戦部長との間のすべての電子メール、前大統領のために作成された25カ月間のすべての旅行日程表を求めた2通の召喚状については、そうではなかった。

検察側は召喚状の中で、その要求はトランプ氏の旅行や会合に関する通信を捕捉するために「特別に調整された」ものだと主張したが、メルシャン判事はこれに同意しなかった。

当法廷は、現在起草されている第3の要請は絞られたものではなく、”被告が誰と会い、どこでそれらの会合が行われたか “を特定するために、旅行や会合に関する特定の通信を捕捉するというその述べられた目的を適切に達成するものではないと判断する」と判事は書いている。

「この請求は、その目的を達成するために必要な記録よりも、はるかに多くの記録を提出することになる。「従って、現在起草されている第3の要求を破棄する申し立ては認められる。

メルシャン判事はまた、17人のトランプ・オーガニゼーションの現従業員と元従業員に関する書類を求めるブラッグ氏からの召喚状も部分的に却下した。

ブラッグ氏の事務所もトランプ・オーガニゼーションも、メラニア・トランプ氏の電子メールを求める召喚状が却下されたことについてのコメントは求めていない。

メルシャン判事はまた、17人のトランプ・オーガニゼーションの現従業員と元従業員に関する書類を求めるブラッグ氏からの召喚状も部分的に却下した。

ブラッグ氏の事務所もトランプ・オーガニゼーションも、メラニア・トランプの電子メールを求める召喚状が却下されたことについてのコメントは求めていない。

検察当局が求めていたメラニア・トランプのメールは、ブラッグ氏の事務所が前大統領に対して起訴している、2016年の選挙運動中にAV女優ストーミー・ダニエルズへの支払いがあったとされる事件に関するものだった。

トランプ氏はこの事件で罪状認否を受け、ビジネス記録を改ざんした34の罪について無罪を主張したが、一方で公的な声明や自身のソーシャルメディア上では不正行為を否定していた。

検察側は、トランプ氏が2016年の大統領選挙を弱体化させるために、自身の立候補に悪影響を与えかねない情報を抑えようとし、そのうえ支払いの真相を隠蔽したと主張している。

ブラッグ氏の事務所によると、支払いはダニエルズ氏、元モデルのカレン・マクドゥーガル氏、ドアマンに行われたとされている。

トランプ氏はブラッグ氏の調査を、2024年のホワイトハウス出馬を弱体化させるための政治的動機に基づく策略だと繰り返し評している。

世論調査によれば、トランプ氏は共和党大統領候補の最有力候補である。

メラニア・トランプは5月、2024年の夫の再選を支持し、再びファーストレディを務めることは「特権」だと述べた。

「夫は第1次政権で大きな成功を収め、私たちを再び偉大さと繁栄へと導いてくれるでしょう」と、トランプ夫人はFox News Digitalのインタビューで語った。

「彼は私の支持者であり、私たちは未来への希望を取り戻し、愛と強さを持ってアメリカを導くことを楽しみにしています」と前大統領夫人は付け加えた。

2024年に夫が勝利し、2期目のファーストレディを務める機会があれば、”Be Best “キャンペーンを継続し、”これまでと同様に子供たちの幸福と成長を優先する “と述べた。

この “Be Best “キャンペーンは、彼女がファーストレディとして初めて行った大きな取り組みであり、児童福祉に焦点を当て、ソーシャルメディアやオピオイドの落とし穴に警鐘を鳴らした。

引用:Epoch Times

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00